報道発表資料

2013年11月06日

報道発表:「海との絆が根付く町・気仙沼唐桑復興モニターツアー」の開催について-三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興プロジェクト-

東北地方環境事務所

 環境省では、三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興プロジェクト(※1)の一環として、東北地方太平洋岸の5つのモデル地域で復興エコツーリズム推進モデル事業(※2)に取り組んでいます。
 このたび、モデル地域の1つである、宮城県気仙沼市において、本事業のモニターツアーを下記の通り開催いたします。

1 ツアー名

「海との絆が根付く町・気仙沼唐桑復興モニターツアー」

2 実施体制

 環境省「復興エコツーリズム推進モデル事業」の一環として、株式会社JTBコーポレートセールスによるツアーと公益財団法人日本交通公社(JTBF)、唐桑町観光協会の連携により実施

3 旅行期間

平成25年11月30日(土)から12月1日(日)2日間

4 募集人数

10名(最少催行人数 2名)

5 申込み先

株式会社JTBコーポレートセールス(別添のチラシ参照)

6 申込み締め切り

平成25年11月15日(定員になり次第 締めきり)
その他、旅行代金、持ち物等の詳細は別添チラシ参照。

※1 グリーン復興プロジェクトについては下記URLをご参照ください。
http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/images/sanriku_fukkou_project.pdf

※2 復興エコツーリズム推進モデル事業 
 東日本大震災の被災地において、地域関係者の合意形成を図りつつ、エコツーリズムを推進し、①自然環境の保全、②交流人口の拡大による地域活性化、③震災体験の継承による環境教育の推進や災害に強い地域づくり、④地域の絆の再構築、⑤主要産業である農林水産業の復興、を通じて震災からの復興に貢献しようとするもの。環境省が進めるグリーン復興プロジェクトの一つ。

※ 取材をご希望の報道関係の方は、取材をご希望の日時を下記までご登録ください。

【問合せ】
環境省 東北地方環境事務所 国立公園・保全整備課
(担当 佐々木・似田貝) TEL: 022-722-2874

7 添付資料

「海との絆が根付く町・気仙沼唐桑復興モニターツアー」チラシ [PDF 2,343KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 東北地区(リンク)
  • アクティブ・レンジャー写真展開催中(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
  • みちのく潮風トレイル特設ページへのバナー
  • EPO東北(リンク)
ページ先頭へ