東北地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

東北地方環境事務所報道発表資料>2008年度

【通知】陸中海岸国立公園 浄土ヶ浜ビジターセンター(仮称)の整備について(お知らせ)

2008.07.04 東北地方環境事務所

 環境省では、陸中海岸国立公園の中核施設として、浄土ヶ浜地区(岩手県宮古市)に「浄土ヶ浜ビジターセンター(仮称)」を整備する予定です。

 南北180qに及ぶ陸中海岸国立公園については、これまで姉ヶ崎地区(宮古市)の「宮古ビジターセンター」において情報提供を行ってきましたが、その機能を拡充し、浄土ヶ浜地区に新たにビジターセンターを整備するものです。浄土ヶ浜地区は、陸中海岸国立公園内の景勝地としては最大の利用拠点であり、多くの公園利用者が訪れます。新設されるビジターセンターにおいては、より大勢の利用者に対し、陸中海岸国立公園の自然環境や景観のすばらしさを伝えるとともに、各地域の最新情報やその他の国立公園に関する案内等の情報、自然ふれあい体験を提供します。

1.施設概要

(1)建設位置
:岩手県宮古市日立浜町 浄土ヶ浜ターミナルビル南側の隣接地
(2)公園名等
:陸中海岸国立公園第1種特別地域 浄土ヶ浜集団施設地区
(3)敷地面積
:約5,000m2
(4)建築面積
:約760m2
(5)延床面積
:約1,490m2
(6)構造
:RC造3階(一部地下1階)
(多目的トイレ設備、バリアフリー用エレベーター設備)
(7)事業費
:約8億円

2.展示概要

階層ごとに、多数の利用客の受け入れを想定した展示計画としています。

(1)3階(駐車場の階層)
:東北地域の基本情報の提供
(2)2階(中層)
:写真、映像等を駆使した陸中海岸国立公園の自然環境や景観の情報及び地域毎の最新情報の提供(別紙)
(3)1階(海岸の階層)
:浄土ヶ浜の施設及びフィールド情報の提供を中心とした展示

3.今後のスケジュール(予定)

(1)平成20年度
7月下旬 工事契約
(2)平成21年度
展示整備・開館準備
(3)平成22年度
開館

4.施設の運営

 既存の宮古ビジターセンター運営協議会での活動を引き続き実施すると共に、新たな活動や利用方法について、地元自治体の宮古市及び陸中海岸国立公園協会の参画のもと陸中海岸国立公園の中心施設として更なる充実を図って参りたいと考えています。

5.その他

現在、岩手県宮古市の姉ヶ崎地区で供用中の「宮古ビジターセンター」については、姉ヶ崎地区における自然体験の拠点となる休憩施設として引き続き活用する予定です。

6.施設外観イメージ

別紙:外観イメージ[PDF 83KB]

7.添付資料

別紙:展示室イメージ[PDF 3,264KB]

【連絡先】

環境省東北地方環境事務所
国立公園・保全整備課
担当:鈴木・山尾
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-2-23
仙台第二合同庁舎6階
TEL 022-722-2874 fax022-722-2872