報道発表資料

2016年12月21日

南相馬市災害廃棄物代行処理の完了について

環境省では、平成28年5月から南相馬市の災害廃棄物の代行処理(減容化処理)を進めておりましたが、12月19日に処理が完了となりましたので、お知らせいたします。

1.概要

平成26年3月に福島県南相馬市から旧警戒区域・計画的避難区域外で発生した災害廃棄物処理の要請があったことを受け、国が南相馬市内に仮設処理施設を設置し、平成28年5月より災害廃棄物代行処理(減容化処理)を進めてまいりました。

今般、12月19日で南相馬市の災害廃棄物の代行処理が完了となりました。

今後は、来年1月より旧警戒区域・計画的避難区域内の除染廃棄物を平成31年3月末まで処理する予定です。

 

<処理期間>

 平成28年5月9日から平成28年12月19日

<処理対象物>

 南相馬市の旧警戒区域・計画的避難区域外で発生した災害廃棄物

<処理実績>

 災害廃棄物処理量        36,351トン

 (内訳)木くず         12,091トン

     廃プラスチック     12,860トン

     津波がれき混合可燃物  11,400トン

■ 問い合わせ先
福島環境再生事務所
減容化施設整備課
電話:024-563-6954
課  長:小島 啓之
課長補佐:境  道啓
担  当:筬島 保
ページ先頭へ