ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園

80件の記事があります。

2019年06月03日ニッコウキスゲが咲き始めました

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

みなさんこんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

市街地が晴天でも、「やませ」に覆われて視界は真っ白、涼しい日が多い最近の三陸。

沿岸各地で初夏を告げるニッコウキスゲが咲き始めましたよ!

暖かい南から咲き始めるので、宮城県唐桑半島から広田半島、碁石海岸と順に

キスゲ前線が北上してきました♪

碁石海岸においてはまだまだ蕾がたくさん、あと2~3週間は楽しめそうです。

ニッコウキスゲはやや水分の多い高山帯に群生する植物。

高山でもない沿岸部に見られるのは、「やませ」が一役かっている様子。

  1. ニッコウキスゲ、別名ゼンテイカ。朝開き夕方にはしぼむ1日花。

    その習性からつけられた花言葉は『日々あらたに』。

    この時期、毎朝新しく咲く花に元気をもらえます。

  2. 三陸復興国立公園を代表する初夏の花

    青い海と松林、パッと目を引く山吹色。

    是非この時期の三陸でお楽しみいただきたい景色です。

    1. *おまけ*

    ニッコウキスゲが咲く時期と同じくして、ウミネコの島が賑やかになります。

    三陸沿岸南部にはウミネコの繁殖地になっている小島がたくさん。

    孵ったばかりの雛、見つけられますか?

    卵も雛も見事な保護色。岩の色に溶け込んでいます。

  3. (答え)