ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

三陸復興国立公園 八戸

72件の記事があります。

2020年06月25日6月の岩手県洋野町

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

6/5に八戸海上保安部主催の「海洋環境保全教室・漂着ごみ分類調査」が、

岩手県洋野町の種市小学校で行われ、

4年生の教室で「レンジャー・アクティブレンジャーのお仕事とは」と、

「みちのく潮風トレイルについて」のお話をしました。

レンジャー=戦隊シリーズをイメージする生徒さんたちがほとんどで、

日頃どんな場所で、どんな仕事をしているか、

みちのく潮風トレイルでどんな生き物・景色と出会い、

出会いの中に必ずある美しい環境を守る大切さについてお伝えしました!

また、普段当たり前に過ごす場所が余所から来た人にはとても魅力があるという事をお話しました。

たくさんの生徒さんが、これから歩きに来るたくさんのトレイルハイカーさんに

洋野町の魅力を伝えていって欲しいなと思います。

授業の後は小学校からすぐ近くの海で漂着ごみを拾い、分類調査を行いました。

分類してみるとロープ紐やペットボトルなどのプラスチックごみが多いことがわかりました。

プラスチックは細かくなっても分解されず残るため、

排出する量自体を減らしていかないとどんどん増えるのだと、勉強になりました。

一緒に学んだ生徒さんたちと美しい景色を守っていきたいです!

また6/17にみちのく潮風トレイル洋野町区間の迂回路調査をしました。

洋野町区間には川を渡渉するコースがあり、

水量・川の流れ・石・足場等がどのような状態か、実際に渡渉してみました。

この日の水量は膝下よりも下で、

どの場所からどの岩を伝って渡るかなど考えながら渡渉し、

ちょっぴりアドベンチャー気分を味わえました。

水量が多く渡渉出来ない場合、迂回して進むコースの調査もしました。

長い距離を歩いて来たハイカーさんの負担にならないか、

安全か、通れる道かなどまだまだ調べていく必要があります。

コースにはモミジイチゴが鈴なりになっていて鮮やかでした。

三陸の海をバックにニッコウキスゲが美しく咲く6月、

政府からの県をまたぐ自粛要請解除を受けまして、みちのく潮風トレイルのハイキングについても、

地域をまたぐ距離であっても少しずつ歩きに来ていただけるようになります。

夏が目前に迫った、緑あふれるトレイルをぜひ楽しんでいただければと思います!

ページ先頭へ↑

2020年05月28日最近の階上岳(はしかみだけ)の様子。

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

最近の階上岳の様子を現地よりお伝えします!

階上岳8合目にある展望デッキ。

この周辺にはヤマツツジが群生しており、つぼみがぷっくりとし始めています!

いつも階上岳に登られている地元の方の話によると、

今年はあと10日程度でヤマツツジが満開になるのではないかとの事でした!

地元の方はもちろん、地元以外の方も多く訪れ愛される階上岳は、

6月上旬にヤマツツジの見頃を迎えそうです!

ヤマツツジはもう少しですが、ニリンソウはたくさん咲いてました!

階上岳にある牧場では晴天の中、

牛さんたちがゴロゴロして気持ち良さそうです!

ちなみに階上岳は、山の形が寝そべっている牛のように見えることから、

「臥牛山(がぎゅうざん)」とも呼ばれています。

のんびりゆっくりした時間を感じる、最近の階上岳です!

ページ先頭へ↑

2020年05月18日最近の蕪島(かぶしま)の様子。

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

5月14日現在の蕪島の様子を現場よりお知らせします!

菜の花が咲き始め、黄色の島になっています!

今年は例年より菜の花の丈が長いそうです。

蕪島休憩所上にある歩道。

去年は歩道の横にも巣がありましたが、今年は全然ありません。

一昨年の塩害で昨年は植物があまり育たず、

そこへ巣を作りうまく子育てが出来なかったウミネコさんたちが今年は違う場所へ巣作りしたのでしょうか。

水浴びをするウミネコさん。

ウミネコさんたちは抱卵中で、陽気も続きもうすぐヒナも生まれそうです!

また、5月11日には蕪島近くに物産販売施設「かぶーにゃ」がオープンしました!

青森県の特産品やお土産品などを販売しております。

当面は新型コロナウィルスの感染予防対策を徹底して運営するとの事です。

三陸復興国立公園の北の玄関口でもある蕪島と一緒にかぶーにゃも楽しめそうです!

ページ先頭へ↑

2020年04月27日最近の蕪島(かぶしま)の様子。

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

4月より八戸自然保護官事務所に太刀川晴之(たちかわはるゆき)自然保護官が着任しました!

好きな食べ物はもんじゃ焼きです。

現地などで見かけた際は、ぜひお声がけください!

コロナウィルス感染拡大防止のため外出自粛で出歩けない今、

現場より、最近の蕪島の様子をお伝えします。

2015年11月に焼失した蕪嶋神社ですが、5年の歳月を経て3月26日より一般開放されています。

再建工事中は境内へ続く階段はのぼれなかったため、

階段をのぼるごとになんだかウミネコさんを近くに感じる気がします。

近すぎてこちらの様子は少々恐かったです・・・。

真っ正面から見たウミネコさん。お腹がまるくてカワイイです。

ジャワつくウミネコさんたち。

4月7日の蕪島の様子。激しくジャワつくウミネコさんたち。

4月14日 蕪島の様子。

全くウミネコさんがいません。

日によってウミネコさんたちがお出かけしたり蕪島に多くいたりするようです。

三陸復興国立公園の北の玄関口、蕪島の魅力はどんな時も変わりません!!!

ページ先頭へ↑

2020年03月04日みちのく潮風トレイルと3つのロングトレイル展が開催されました!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

 新型コロナウイルス対策で縮小開催となりましたが、

             みちのく潮風トレイルと国内外の3つのロングトレイルを

  紹介する展示・講演会が八戸の中心街で行われました!

みちのくトレイルクラブ事務局長の関さんからは、

昨年の夏に歩かれたアメリカのアパラチアントレイルのお話をいただきました!

どんな場所だったのか、どんな体験や出会いがあったのか、どんな装備で行ったのか等々、

   外国のロングトレイルならではの体験談を聞く事ができました。

歴史が長く多くの方が歩くアパラチアントレイルには、ハイカーさんをサポートする人も施設も多く、

みちのく潮風トレイルにもそのようなトレイルマジックやトレイルエンジェルさんが増えて行けばいいなぁ~と思いました!

また、開催期間中は食堂さんとコラボしたランチメニューもあり、

楽しい、美味しいロングトレイル展になりました!

主催の北奥羽自然史研究所所長の高橋先生は今後、 八戸市以南の場所でもこのような

ロングトレイル展を開催していきたいと意気込んでいらっしゃり、様々なロングトレイルの

文化・歴史や成り立ちの違いなどをトレイル沿線でお伝えできればと思っています!!!

ページ先頭へ↑

2020年02月07日種差の冬のグルメプログラム!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

2,3日前からの今年1番の寒波で、種差海岸にもサラサラの雪が積もり真っ白になりました!

そんな中、種差海岸インフォメーションセンターでは冬のグルメプログラムが毎週行われております!

http://tanesashi.info/program.html

2/9(日)のプログラムは満員御礼ですが、

2/16(日)、2/23(日)はまだ空きがあるそうです!

冬の種差天然芝生地はグリーンではありませんが、冬ならではの絶景がそこにあります!

<みちのく潮風トレイル、ヘッド&エンドポイントの蕪島>

<葦毛崎展望台>

<大須賀海岸>

絶品と絶景を体験しに種差海岸へお越しください!!!

ページ先頭へ↑

2019年07月17日みちのく潮風トレイル全線開通記念トレッキングが行われました!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

7/14(日)に「八戸市・階上町・洋野町 おいしさ体験トレッキングツアー」が開催されました!

3つのコース各地点で美味しいお振る舞いを頂きながら、種差天然芝生地にゴールしました。

当日の様子を紹介したいと思います!

まずは蕪島スタートの7.4kmコース!

蕪島コースはみちのく潮風トレイルのヘッド&エンドポイントからスタートしました!

天気は曇りでしたが歩くと汗が吹き出る位暑かったです!

続いて3コースの中で1番距離が長く1番早い時間に洋野町をスタートの14.2kmコース!

こちらも天気は曇りで風がほとんど無かったため暑い位でしたが、

洋野町区間でしか見る事が出来ないウニの増殖溝などを見る事が出来ました!

洋野町を北上し、県境を越え、階上町の小舟渡園地スタートのコースと合流しました!

階上町に入ってから、やませが強くなり少し霧雨もありましたが、お待ちかねの地元の味のお振る舞いが!!!!

めちゃめちゃ美味しかったです!

ここでしか味わえない地元の味を体験する事が出来ました!

地元の味を堪能した後はゴールの種差天然芝生地を目指します!

一足先にゴールしていた蕪島スタートコースと合流し、

芝生地で開催されている種差海岸観光まつりに参加しました!

みちのく潮風トレイル、ばんざいっ!!!

まつりに参加した後は種差キャンプ場へ移動し、ゴール後のお振る舞いをいただきました!

みちのく潮風トレイルが全線開通した事によって多くの方が訪れ、

そこにしかない景色や食、人との出会いを楽しんでいただければと思います!

【種差海岸観光まつりの花火写真】

ページ先頭へ↑

2019年06月27日おいしさ体験トレッキングツアー!!!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

7/14(日)に、種差海岸インフォメーションセンター管轄区間の八戸市・階上町・洋野町で、

みちのく潮風トレイル全線開通イベントが行われます!

トレッキングは3コースあり、地元の味を楽しめるお振る舞いもあります!

・みちのく潮風トレイルのヘッド&エンドポイントがある蕪島をスタートし種差でゴールする7.4kmコース、

・三陸復興国立公園階上海岸の小舟渡園地をスタートし種差でゴールする6.2kmコース、

・洋野町の種市駅をスタートし種差でゴールする14.2kmコース

参加された方全員に記念プレゼントがあるので、おいしい楽しい嬉しいトレッキングになると思います!

また、ゴールの種差芝生地では種差観光まつりが開催されているので、

トレッキング後はおまつりも楽しめます!

第56回種差観光まつり.pdf

夜には花火も上がります!

アツイ種差へぜひお越しください♪♪♪

ページ先頭へ↑

2019年05月29日ウミネコさん抱卵中@蕪島とヤマツツジが見頃@階上岳

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

三陸復興国立公園の北の玄関口、蕪島(かぶしま)ではウミネコさんが抱卵真っ盛りで、早くも先週からふ化が始まっています!

今年は例年より菜の花が多く咲き、ウミネコさんにとっては隠れ家になるのかも!?

蕪嶋神社の再建工事はウミネコさんの繁殖期は一時中断しておりますが、

年内に完成予定です。

蕪島休憩所横の遊歩道にも多くの巣がありますが、

ウミネコさんはとても縄張り意識が強いので通る時は注意が必要です!

蕪島休憩所内にはウミネコさんのクイズコーナーがあったり、

ウミネコさんぬいぐるみを抱っこして記念写真を楽しむ事も出来ます!

ウミネコさんの抱卵を間近で見ることができる蕪島ですが、

お越しの際はぜひ蕪島休憩所にもお立ち寄り下さい。

また、お隣の階上町では階上岳が新緑のシーズンに入り、清々しく登山を楽しめるようになりました!

ヤマツツジも見頃を迎え、登山客もいつもより多いように感じます。

(階上岳8合目のヤマツツジ)

6/1(土)・2(日)には鳥屋部登山口で臥牛山まつりが開催されるので、

おまつりもフレッシュな登山もヤマツツジもトリプルで楽しめます!

トリプルです!!!!

ぜひ遊びに来ていただけたらと思います♪

臥牛山まつり.pdf

     ↑おまつりの詳細はこちら。

ジャンボ階上早生そば早食い大会が気になります...

ページ先頭へ↑

2019年04月16日三陸復興国立公園・階上岳の山開き安全祈願祭が行われました!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

先日、三陸復興国立公園・階上岳の鳥屋部登山口で、

山開き安全祈願祭が行われました。

今年は例年よりぽかぽかな陽気で、

春らしい天候の下、出席された方々で今シーズンの無事故を祈願しました。

階上岳は6月に全線開通するみちのく潮風トレイルのルートでもあるので、

たくさんの方が訪れ、階上岳を楽しんでいただければと思います!

↑2週間前の7合目付近です。

↑2週間前の頂上です。

まだ少し雪はありますが、多くの方が登っています!

残雪も例年ゴールデンウィーク頃には融けるそうです。

春・夏・秋はもちろん、冬も登る事ができ、

年中たくさんの方が訪れ愛されている階上岳にぜひ登ってみませんか♪

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ