ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年5月

7件の記事があります。

2022年05月17日令和4年度十和田八甲田地区パークボランティア活動 始動しました!

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

放れ鴛(おし) ひとすねすねて 眠りけり 小林一茶

いつのまにか冬鳥の姿が少なくなり、通勤途中の湖畔ではオシドリが悠々と泳いでいます。

鮮やかな羽はオスで地味な色合いはメスです。

野鳥は、車から降りて写真を撮ろうとすると、あっという間に遠ざかってしまうので、車の窓を開けてそっと撮ります。

遠くにぼんやりと写っているのは、どうやらカンムリカイツブリです。

カンムリカイツブリは、子供を背中に乗せて交代で子育てすることで知られています。

十和田湖で繁殖している姿を見てみたいものだと思います。

おしどり夫婦という言葉がありますが、新潟の民話からきているようです。

オシドリは毎年ペアを変え、メスの1.5倍の数がいるオスは派手な羽で自己アピールして繁殖活動をします。

十和田湖畔の季節の移り変わりは猛スピードで進んでいるように思います。

さて令和4年度に入り、十和田八甲田地区パークボランティア活動が始動しました。

先日行われた、二つの活動の紹介をします。

5月7日は、恒例の春の自然観察会を行われました。

先日、環境大臣表彰を受賞した、自然公園財団十和田支部の山下さんを講師に迎え、十和田湖畔休屋地区を2時間ほどかけて案内していただきました。

〈満開のサクラの中を散策〉

いつもの風景の、歴史や自然について深い知識をご紹介いただき、更に十和田湖に愛着がわいた方も多かったのではないでしょうか。

〈乙女の像の前で樹木の説明を聞く〉

5月11日は、第1回の蔦野鳥の森歩道整備作業でした。

気温が高くなるにつれ、至るところでエゾハルゼミも鳴き始めました。

春から初夏への移り変わりを実感します。

雪解けも進み、グリーンシャワーの降り注ぐ、心地良い時期になってきました。

〈長沼と赤倉岳〉

今年はブナの花がたくさん咲いて、落ちた雄花が地面をおおっていました。

そんな中のいくつかが、花の上に乗っています。

〈エンレイソウに上のブナの雄花〉             〈スミレの上のブナの雄花〉

菅沼のムラサキヤシオが開花していました。

パークボランティアの方々は、ここ3年ほど活動自粛が続き、十分な活動ができませんでした。

今後は、以前のように活動ができるようになるといいですね。

当たり前のようにある自然ですが、様々な保全活動や細かなきまりなどにより保たれていることを忘れないようにしたいものです。

目の前に広がっている光景が、実は誰かの力によって支えられているということを、頭の隅にでも置いていただけたら嬉しいです。

サンカヨウも咲き始めました。〈蔦野鳥の森にて〉

今朝の通勤路で、カンムリカイツブリを見かけました。

十和田湖畔でゆっくり野鳥観察もお勧めです。

ページ先頭へ↑

2022年05月12日桜 さくら サクラ

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

連休の後半、休屋のソメイヨシノが満開でした。2022/05/06

和井内のオオヤマザクラも満開です。2022/05/06

湖畔の私の大好きなサクラが、5月6日は一輪しか咲いていなかったのに、7日にはあっという間に5~7分咲きほどまでに開花していました。

2022/05/07

このサクラは、植樹当初はベニヤマザクラと言われていたそうです。

サクラは交雑種が多く、幼木の時は特徴がわかりにくく、成長するに従いはっきりしてきます。

私自身はずっとカスミザクラと思っていましたが、どうやらオオヤマザクラらしいとのことです。

ヤナギに守られているような、オオヤマザクラ

うららかな日差しを受けて、キタコブシがぶ厚い冬のコートを脱ぎました。

私が十和田湖に来てから、ずっと見守り続けていた、ビジターセンター前の双子のシロヤナギの一本が、強風の影響か枝が折れてしまいました。

ここは、湖畔の中でもとても好きな風景でした。幾度となく、写真に収めていました。

2017年                         2018年

2021年

2022年5月:枝が折れてしまいました。

幾年の年月を、この湖畔で過ごしてきたのか、どんな出来事を見てきたのか、問いかけてみたい気がしました。

十和田湖畔の樹木は植樹されたものもありますが、自生のものは厳しい自然環境の中で生き抜いてきた力強さを備えていて、元気をもらえます。

林の中に目をやると、遠くからでも目立つシラネアオイは、年々数が増えてきたように思います。(歩道外なので、望遠で撮影しています)

ミヤマエンレイソウもひっそりと佇んでいます。

春の色があふれる十和田湖畔に、少しずつ人のにぎわいも戻ってきたようで、嬉しい気持ちになります。

一日の終わりにまた立ち寄ってしまう、この風景。

十和田湖は一日では味わいきれない、魅力あふれるシーンがたくさんです。

そして最後に、今朝の(2022/05/12)満開の様子をお届けしたいと思います。

ページ先頭へ↑

2022年05月12日白神山地ビジターセンターの展示内容がリニューアルしました!

白神山地 神孝子

みなさん、こんにちは。西目屋自然保護官事務所の神です。
今日は、当事務所のお隣にあります白神山地ビジターセンターの展示内容が、
先月リニューアルしたというので、ちょっとお邪魔させていただきました。

ビジターセンターから見える岩木山

敷地内から残雪の「津軽富士」岩木山が見えます。

ビジターセンター入り口へ

ビジターセンターも新緑真っ盛り。すでに森と一体化しています。
(県道から見えなくなるので、当事務所にやって来るお客様も・・・。)

白神の森をイメージして造園された木立の中を進むと、センターの入り口が現れます。
それでは早速、中に入ってみましょう!

正面玄関を入ると、まず飛び込んでくるのが
「白神バーチャルリアリティ体験コーナー」です。

こちらのコーナーは、白神山地の有名スポット6カ所(暗門の滝や白神岳など)
360度ぐるりと見渡せます。
ドローンを使った映像は、別な角度から白神山地を楽しむことができます。
専用ゴーグルから映し出される映像は迫力がありまるで本当にその場所にいるような新感覚!
昨年、青森県立美術館で「白神山地VR体験×写真展」が催されたのですが、
その際に用いられた映像が、そのままビジターセンターにやって来ました。
映像をお見せ出来ないのが残念です。ぜひ白神に来て体験してみてください。

さらに、奥に進むと・・・・

今回のリニューアルで、話題になった2面シアターが現れます。
スクリーンの上に立つと、四季折々の風景や動物たちや白神に生息している
生き物たちが生き生きと映し出されます。
私が訪れた日も小さなお客さまが、映し出されたイワナをつかもうと一生懸命でした。
何ともほほえましい光景です。

また館内に設置されたQRコードを読み込むと、
動物が現れたり鳥の鳴き声が聞こえてくる仕掛けもあります。

ビジターセンターを訪れた際は、QRコードがどこにあるか探してみてはいかがでしょうか。

そっくりですが、全てレプリカです。

いよいよグリーンシーズンが始まりますが、暗門(世界遺産)へ続く道が

現在、崩落のため行くことができません。

復旧には時間を要するとのことで、こちらの映像を見て

リアルな白神を体験してみませんか?

ページ先頭へ↑

2022年05月11日カウンター設置第2段

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 江川寿輝

みなさんこんにちは!裏磐梯自然保護官事務所の江川です。

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。今年は、規制なしの

ゴールデンウィークで久々の遠出をした方も多いのではないでしょうか?

天気の良い日には、裏磐梯にも多数の方に来訪いただきました。

ありがとうございます。

今回は、先日に引き続きカウンター設置の第2段です。

今回設置した場所は、浄土平、猪苗代スキー場の2カ所です。

浄土平の設置後です。

猪苗代スキー場の設置後です。

今回も無事に2カ所設置することが出来ました。

猪苗代スキー場ゲレンデ上から見た猪苗代湖です。

田んぼにも水が入り始め、新緑も増え夏の訪れを感じます。

ご覧いただきありがとうございました。

今後も、情報発信をして行きますので、ご覧いただけたら幸いです。

では、また次回お会いしましょう!

ページ先頭へ↑

2022年05月10日ゴミの中から開花

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

宮古自然保護官事務所の古館です。

 

あっという間に4月も終わり、大型連休も過ぎ去りましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

4月は公園施設の点検をしつつも、デスクワークが多かったので、5月は外にたくさん出たいと意気込んでいます。

さて、私の話はこのへんまでで...4月末に植物調査へ宮古市区間のみちのく潮風トレイルルートへ足を運びました。

 

こちら、エンレイソウの花です。ちょうど満開を迎えて辺り一面咲いていました。

そんななか...

 


 


捨てられたお菓子の袋の中から、葉をいっぱいに広げようとしているエンレイソウを見つけました。どうやら土の中に埋もれていた袋の中に芽を出し伸びてきたようです。すかさず袋を取り救出。

 


少ししおれていましたが、頑張って花を咲かせていました。

 

ポケットからふいに落ちてしまったのか、ポイ捨てしたのかは分かりませんが、捨てられた先でプラスチックが分解されることなく残り続けることを、あらためて突きつけられたような気がしました。

4月1日からはプラスチックの資源循環の促進等にかかる法律もスタートしました。"ゴミはゴミ箱に"はもちろん、地球にやさしいものを選んだり、お気に入りのマイ箸を見つけたり、リサイクルしたりと、身近なできるところからゴミを出さない暮らしやゴミを減らす工夫をしていきたいですね。

 

興味がある方はこちらから↓

プラスチック資源循環

綺麗で自然にやさしい環境を保っていける世の中になりますように。

ページ先頭へ↑

2022年05月10日田束山(たつがねさん)へ行ってきました

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

ゴールデンウィークはいかが過ごされましたか?三陸は前半の4月末は冷たい雨ところにより霙・雪でしたが後半の5月はカラリとした晴天に恵まれレジャーを楽しまれているご家族たちをあちこちで見かけました。

連休は身体も財布も緩みがち、今週から気を引き締めて業務に勤しまなくては...ですね。

《山頂からの眺め 歌津・志津川方面》

晴天の下、連休明け最初の国立公園巡視へ行ってきたのでその時の様子をお届けします。

場所は宮城県北部気仙沼市と南三陸町にまたがる田束山(たつがねさん)です。

気仙沼市を管轄する当所とパークボランティア、そして南三陸町を管轄する石巻自然保護官事務所とヒアリングや意見交換などをしながらの合同巡視をしました。

田束山は2015年に現在の三陸復興国立公園に編入されるまでは南三陸金華山国定公園に指定されていました(1979年)。ツツジの山として知られリアス海岸を一望できる気仙沼市きってのビュースポット。また古くから山岳信仰の霊峰で奥州藤原氏も信仰していたと伝えられています。

僧たちの修行の場であったことを伝える"行者の道"で登頂を目指し、南三陸町側の樋の口からスタートです。沢沿いに苔むす岩々や木道、吊り橋などを進むとかつての修行場の厳かな雰囲気を感じます。

《ゆらゆらニリンソウが見送ってくれました》

厳粛な雰囲気の杉林のしっとりとした道を過ぎると、歩道沿いをアジサイが縁取る明るいカラマツ林のエリア、活き活きとしたケヤキの樹林帯など様々な表情を楽しめます。植生も豊かなので小さな生き物との出会いもまた楽しく、季節を変えて訪れたくなる散策路です。車でらくらく登頂のできる田束山ですが、行者の道を徒歩で登るのがオススメです。

《春にだけ現れるビロウドツリアブ タイミング良く休憩中を激写!》

いよいよ山頂。例年5月中旬が見頃とされる山頂のヤマツツジ群ですが、5月9日は5~6分咲きといったところでした。今十分に膨らんでいるつぼみたちがはじけ開き、燃えるような朱色を拝めるのはあと1週間ほど先でしょうか。

山頂からは三陸復興国立公園南部のリアス海岸を一望できます。快晴であれば北は大船渡市の綾里崎(直線距離約45㎞)、南は石巻市の金華山(直線距離約50㎞)までもが肉眼で確認できます。

海岸線のイメージが強い三陸復興国立公園ですが、ここ田束山も飛び地でその一部に指定されています。山頂からの雄大な眺め、山岳信仰で栄えた霊峰。ひと味違う三陸復興国立公園をお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2022年05月09日カウンター設置

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 江川寿輝

皆さんこんにちは、裏磐梯自然保護官事務所の江川です。

今回は、登山者カウンターを設置しましたので、

その様子をお伝えします。

今回の設置場所は、裏磐梯スキー場の噴火口登山口と雄国沼の雄子沢登山口に設置

しました。

まずは、裏磐梯スキー場の噴火口と、銅沼(あかぬま)に設置しました。

噴火口登山口です。

噴火口の設置も終わり次は、銅沼へ!

しかし、なんと登山道が水没!今回は

断念しました。

水没登山道です。

2022425日時点

昼食をはさみ午後は、五色沼の柳沼、毘沙門沼の設置へ取りかかります!

設置場所に石が多く苦戦しましたが、なんとか設置完了です!

柳沼側です。

毘沙門沼側です。

毘沙門沼は、太陽光の当たりが弱いので、ソーラー

パネルの向きを工夫しました。

3週間に一度データ回収を行います。

なお、五色沼での熊目撃情報があります。

五色沼は、気軽に自然とふれあえる場所ですが、

野生生物も多く住んでいます。散策される際は、熊

鈴などをお持ちいただけるといいかと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ