ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年2月

15件の記事があります。

2022年02月28日未来へ繋ぐ

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

春の兆しを感じていたのもつかの間、先週の始めは吹雪に見舞われました。

湖畔では、吹きだまった雪で車が動けなくなったり、小坂町から発荷峠に通じる通称「樹海ライン」が通行止めになったりと、冬はまだまだ頑張って居座っているようです。

湖畔から吹きつける風で、地吹雪になっています。

吹きだまりができて、車が動けなくなっています。

2月24日、令和3年度休屋集団地区廃屋跡地利活用計画検討業務の一環として、「休屋湖畔地域づくり懇談会」が開催されました。平成30年から始まり、懇談会自体は今年度3回目、通算12回目を数えています。

懇談会は休屋地区に居住または仕事をしている方11名の参加がありました。

何やら長い名前ですが、撤去が完了したホテルの跡地をはじめとしたエリア内の

より良い活用をみんなで考えて行こうというのが主旨です。

前回は、どんな施設やイベントがあったら良いかたくさんのアイディアが出されたようです。

前回の懇談会で出された意見をまとめた中から、個人的に興味深かったものをピックアップしてみました。

「夕日が見える個室空間」「道具が無くても釣りが出来る」「十和田湖スポーツセンター」

「湖上レストラン」「雪にシアター」「DIYキャンプエリア」

想像しただけでわくわくしてきますよね。

ファシリテーターのアドバイスをもとに、将来の休屋をどのようにしていったらいいのか、前回の結果を踏まえて、ワークショップを実施しました。

具体的に、ここにこんなものがあったらいい、こんなことをしたい、などをグループに分かれて、地図に落とし込んでいきました。

それぞれ話し合った結果を発表します。

グループごとに、異なる興味深い意見が出され、みな真剣に聞いています。

この結果を踏まえて検討を重ね、廃屋跡地の整備を進めて行くことになります。

休屋で仕事をさせていただいて間もなく5年が過ぎようとしていますが、美しい風景は変わることなく此処にあります。

〈2017年の休屋周辺の風景〉

変わったのは、コロナ禍による人の流れと、人間が作り出した構造物が撤去された事、トイレが新しく作られた事でしょうか。(自分は確実に歳をとりましたが。)

今後、世の中はどうなっていくのでしょう。

みなさんは、大きな建造物が無くなった十和田湖畔休屋地区はどうなってほしいでしょう。

そんな問いをみなさんにも考えていただき、これからの十和田湖畔にワクワクしてもらえたら嬉しいです。

〈2017年発荷峠からの十和田湖〉

ページ先頭へ↑

2022年02月25日イオンモール下田で写真展を開催しました!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

221223の3日間、

みちのく潮風トレイル、三陸復興国立公園の写真や、

八戸自然保護官事務所の業務紹介の展示をしました。

コロナ対策を踏まえ、密にならないよう広めのスペースをお借りし、

短い期間ではありましたが、お買い物のついでや、

家族のお買い物を待つ間にでも覗いていただけたかと思います。

また、WEBアンケートを実施したので、

頂いたご意見をフィードバックし今後のイベント運営と内容の改善に生かしたいと思っております。

ページ先頭へ↑

2022年02月25日冬の青空

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

ここのところ東北の冬らしい、雪景色の投稿が続いていましたね。

羽黒の風間さんが「空が青かったことを忘れてしまいそう・・・」と言っていたので、岩手の湘南(地元でよく言われる謎の例え)三陸海岸から青空をお届けしますよ。

〈碁石埼灯台〉

今冬最後の大寒波かと言われた今週頭はここ碁石海岸でも猛吹雪でした。駐車場での積雪は十数㎝、北国や内陸山間部の比ではないですがこのエリアでこの積雪量は珍しく、今シーズン初めての雪かきをしました。

吹雪も落ち着き、太陽が顔を出した翌日に園地の巡視をしながら雪の海岸風景を記録してきましたのでご覧ください。

〈雷岩(かみなりいわ)と乱曝谷(らんぼうや)〉

〈穴通磯(あなとおしいそ)〉

碁石海岸のフォトスポットでは雪をまとった岩礁美が見られました。太陽が出るとすぐに熱で溶けてしまったり、強風で吹き飛ばされてしまったりでこういった風景を収められることはなかなかないのです。

雪の積もった遊歩道と青い海と青い空。枝葉に積もった粉雪が風でキラキラと舞い、私の頬で溶けました。儚い氷片が積もり積もって魅せる雪景色、この雪が溶けて山の栄養を海へと運び、私たちは海の恵みをいただいている。自然のサイクルを考えながら雪を踏みしめました。

冬の単独巡視の楽しみは、賑やかに鳴いて飛び回る鳥たちの観察です。

上段の2種は冬鳥、シロハラ♂とジョウビタキ♂です。寒さ対策でまん丸ふっくらもこもこですね。

下段はイツメン留鳥のコゲラとシジュウカラです。樹の皮を剥がして虫を探していました。

巡視も終わり、事務所へ戻る途中ふと目に留まりました。太陽が出たお陰で寒さが緩み、アスファルト舗装の上にネコの足跡が残っていました。寒い中とぼとぼ歩くネコの姿が目に浮かびます。今月末から寒さが和らぎ春の匂いがしてくると聞きました。これがなごり雪かな・・・と笑みがこぼれました。

ページ先頭へ↑

2022年02月24日【必見】飯豊朝日の登山道保全の記事が載りました!!

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です

先日、飯豊連峰と朝日連峰の登山道保全活動に関する記事が、全国山の日協議会のHPに掲載されました。

羽黒自然保護官事務所として筆を執らせていただきました。

【記事はこちら】

https://www.yamanohi.net/report.php?id=2036

https://www.yamanohi.net/

今年、山形県は山の日全国大会の開催県となっています。

これを機に、飯豊朝日の取組の注目度が上がると嬉しいです。

是非ご覧ください!!

ページ先頭へ↑

2022年02月24日まだまだ冬は明けません

磐梯朝日国立公園 羽黒 風間彩野

こんにちは。

羽黒自然保護官事務所の風間彩野です。

この頃の庄内地方はどんよりとした天気が続いています。

空が青かったことを忘れてしまいそうです。暗い日が続くと心もパッとしないので早く青空を見たいです。

雪が多く降った日の翌日は、車が事務所に入れないので一日の仕事は除雪から始まります。

除雪しないと玄関までたどり着くのもひと仕事です。

風が強い庄内。除雪機で遠くに飛ばしたはずの雪が体の上から降ってくることもしばしば。

事務所内に入れば、ペレットストーブのじんわりとした暖かさが待っていると思うと除雪も頑張れます。

さて、路面の雪と凍結に注意しながらゆっくり走行して月山ビジターセンターに行ってきました。

ビジターセンターの軒下の雪を除雪した時にできた大きな山。一階の屋根よりも遙かに高く、大きなかまくらが作れそうです。

月山ビジターセンターの正面玄関の脇です。看板があったはずですが、雪の中に埋まっています。来館される方、気がつかずに通り過ぎてしまわぬようご注意を。

ビジターセンター脇のバス停。バス停の看板と雪の高さを比べてみてください。雪が壁になっています。風が直接当たらないのでバスを待つには良いかもしれませんね。

月山ビジターセンターの横にある二夜の池です。夏は二枚目の写真のようになっていました。雪が降ると池である事がわからなくなりますね。

左の四阿、見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

そうです。これです。大きな雪の帽子をかぶり、雪の毛布にくるまっているようです。雪が溶けたら、また訪れた人の休憩所として活躍してくれることでしょう。

月山ビジターセンターではスノーシューを無料で借りることができます。是非暖かい服装で周辺を歩いてみてください。

まだまだ冬は続きますが、短時間晴れ間が出たり雪の日が減ったりと少しずつ春に向かっているような気がします。春が待ち遠しいです。

ページ先頭へ↑

2022年02月21日裏磐梯から愛を

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

日本のあちこちから大雪のニュースが聞こえてくる2月18日の朝、裏磐梯自然保護官事務所はこの日も早朝から除雪で1日の仕事が始まりました。

忙しく雪をかたづけている中、小洒落た遊びも・・・


左の雪形は磐梯山、右はハート、のようです。

磐梯山とハートが並んだ作品のタイトルは「大好きな裏磐梯から愛を」らしいです。

今年も『裏磐梯雪祭り』が中止になったので、代わりに小さな小さな雪まつりです。

お祭りはすぐに終わりにして、屋根とくっついた雪の除去にいそしんだのでした。

ページ先頭へ↑

2022年02月18日春の兆し

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

先日、事務所前の桐の樹をつつくアカゲラのドラミングの音を久々に聞きました。

写真は春先に来ていたアカゲラですが、今も同じ個体が来ているのかは不明です。

ドラミングの目的は、餌を捕るだけではなく、巣作り、縄張りの主張や、求愛などのコミュニケーションの手段などがあります。

以前、木造の我が家をけたたましく突かれたことがあり、驚いた事があります。

気を付けないと巣を作られてしまうよと言われました。

自宅にキツツキの巣があるなんて素敵ですが、現実的にはちょっと困りものですよね。

まだまだ寒さ厳しい十和田湖ですが、立春から少しずつ春の兆しを肌で感じる事ができます。

事務所周辺の写真撮影に出かけると、めずらしく穏やかな日でした。

太陽が湖面に映りこんでいます。

十和田神社では静かに時が流れています。

樹上の雪がはらはら舞い、太陽にきらきら輝いていました。

南祖の坊が履いたと言われる鉄の草履。足のサイズが30cmぐらいありそうです。

境内のどこかにあります。探してみてください。

※南祖の坊:伝説では、三戸出身で、熊野で修行した後、十和田湖へやって来たと言われています。

春告げ花のマンサク(左)もカツラ(右)まだまだつぼみを固く閉ざしています。※カツラ雌花は実が落ちた殻付

ダンスをしているような可愛らしい冬芽を見つけました。(ムラサキシキブ)

上着を脱ぎ始めたサワグルミ(左)とまだ着ているキタコブシ(右)

春はとても心躍る季節ですが、まだまだ雪山を楽しみたいものです。

苦労して登った先にある素晴らしい風景。

登りではあんなに苦労したのに、あっという間にスキーで下りられる爽快感。

吹雪の時は上下左右もわからなくなり不安に苛まれますが、生きている事を実感することができます。

十和田八幡平国立公園内には、八甲田を始めとしてたくさんのフィールドがあります。

ご自身のレベルに合った場所を選んで、装備は万全にして楽しみましょう。

ちなみに、八甲田は「Mt八甲田ローカルルール」というものが定められており、救助要請の際の料金が細かく定められています。

http://www.hakkoda-ropeway.jp/3560

酸ヶ湯温泉から、仙人岱避難小屋を経て八甲田大岳へ向かう途中の風景。2019/2/6

雪は時にはやっかいなものと思われがちですが、雪を楽しみ、雪に感謝できる幸せを感じます。

ページ先頭へ↑

2022年02月16日西吾妻山へ

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

グランデコスキーリゾートから標高1982メートルの西大巓へ登り、さらに2035メートルの西吾妻山へ至るコースは、四季折々の味わいがある人気のルート。

積雪期は、なだらかな山稜に樹氷原が広がり、多くのハイカーが、スノーシューやワカン、シールを装着したスキー等を履いて登っていきます。

2月9日木曜日、このルートの利用状況の調査を行いました。

会津地方はしばらく冬の厳しい天候が続いていましたが、この日はまさかのピンポイントの晴天。

リフトを利用しスキー場トップから登山開始。

すでに複数の明瞭なトレースが山頂へ延びていました。

氷と雪を被ったダケカンバやオオシラビソの樹林帯を1時間ほど歩いて標高を上げていくと、背後の視界が開けて、裏磐梯の景色が見えてきます。

標高1800メートル近くになると、幹や枝葉がほぼ完全に氷に覆われた樹氷が登山者の周囲を囲みます。

1時間40分のハイクアップで西大巓の山頂到着。ここでシールを外して鞍部に下ります。

山頂からは、たおやかな姿の西吾妻山が眼前に。

避難小屋が小さく見えます.

西大巓から西吾妻山へのルートには広大な樹氷原が広がり、「モンスター」と呼ばれる樹氷の間を縫うように歩きます。

西吾妻の樹氷は、蔵王や八甲田ほど背が高くないので「リトルモンスター」とも呼ばれます。

シュカブラ(雪の風紋)もきれい。

西吾妻小屋は3分の1ほど雪に埋もれ、中に入るには窓の横の冬季用出入口を使います。右の写真は9月に撮影したもの。                   

 

西吾妻山頂の道標は雪の下。山頂付近は平らで茫洋としてどこが山頂なのか判然としませんが、無雪期とは異なり視界が開けているので、県境尾根の向こうに一切経山の姿が望めます。

背後には西大巓が雲海に浮かんでいました。

天気が良いと最高のコースですが、山がガスに包まれると、なだらかな山容がルートファインディングを難しくします。

また、西大巓からスキー場へ下るルートは樹間が狭く、滑走するには技術と経験が求められ、雪の中に隠れた枝や倒木もあるので、十分な注意が必要です。

この日、出会ったハイカーは約10組、25名ほど。

スノーシューまたはワカンのハイカーが多く、スキーとスノーボードの方々が約10名。

好天の週末には多くのハイカーが訪れる、吾妻の自慢のルートです。

ページ先頭へ↑

2022年02月14日厳冬期の八甲田

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

2月10日、北八甲田赤倉岳の巡視へ行ってきました。

厳冬期の八甲田といえば、1902年(明治35年)の日本陸軍第8師団歩兵第5連隊の、近代登山史上における世界最大級の山岳遭難事故を思い浮かべます。

小説の題材となり、映画化もされ、概要をご存じの方も多いことでしょう。

実際に曾祖父さんが亡くなられている友人から、残された貴重な写真を見せていただいた事があります。

岩手県西和賀町に、その方の大きな慰霊碑が建立されています。

そんな厳しい八甲田も、この日は気温マイナス8度、風もほとんど無く穏やかな一日でした。

ロープウエーに乗って山頂駅に着くと、真っ白な岩木山の頂きが雲の上にぽっかり浮かんでいました。

平日にも関わらず、多くのスキー客が訪れていました。

周辺を散策する人、スキーやスノーボードの人、それぞれ出発です。

三脚を持参して写真撮影に専念する方でしょうか。


田茂萢(たもやち)方面に向かうツアー

今から向かう赤倉岳がくっきり見渡せます。

前嶽の向こうに青森市と陸奥湾が輝いています。

標高を上げると、スノーモンスターが迫って来るようです。

風上に向かって成長する樹氷の特性が良くわかりますね。風下は空洞になっています。

大きく傾いていて、過酷な気象条件が想像できます。

雪と太陽と雲が織りなす風景。

どんどん標高を上げていきます。

写真の真ん中あたりが森林限界(およそ1500m)です。

赤倉岳山頂直下。

この中に標識が隠れています。

井戸岳に雲がかかってきました。

毛無岱方面をのぞむ。

山肌を雲が流れていきます。

じっとしていると冷えてしまうので、下山です。

樹氷の間は、アオモリトドマツの根元に近寄らないようにしながら、好きな場所を安全確認しながら歩きましょう。

太陽の周りに、日暈(にちうん又はハロ)ができていました。

厳冬期の八甲田は、こんな優しい姿で迎えてくれることはとても希です。風が強く、ロープウエーが運休の日も多くあります。気温もマイナス20度まで下がることもあり、さらに風があれば体感温度はぐっと下がります。

また、ロープウエーの待ち時間には、じっとしていると身体が冷えてしまいます。

冬山装備をしっかりとしておこしくださるようお願いします。

今しか出会えない風景がきっと待っていることでしょう。

ページ先頭へ↑

2022年02月10日国立公園クイズにチャレンジ

三陸復興国立公園 大船渡 坂本麻由子

こんにちは。大船渡自然保護官事務所の坂本です。

もうチャレンジされましたか?

↓↓↓↓

国立公園クイズ・チャレンジ

おうち時間で日本全国の国立公園をのぞけます

自分の実力を試せます

行ってみたい場所が見つかります

まだの方は是非チャレンジしてみてください。

中でもクイズ王で知られる伊沢さん率いるQuizKnockが

挑戦している「国立公園全部当てないと帰れないクイズ」

のYouTube動画がおもしろいですよ。

この日記をご覧になっている方には簡単かもしれませんが

国立公園に関わるレンジャーにとっても難問が隠れています。

さて今回は岩手県大槌町の国立公園指定エリアをご紹介します。

大槌町は海、山、川と自然豊かなまちで、特産の荒巻鮭をはじめとする海産物やこんこんとわき出る湧水が有名です。そんな大槌町の国立公園スポットとは・・・

【浪板海岸/なみいたかいがん】

東日本大震災で数十㎝もの地盤沈下をし、砂浜が流出してしまった海岸です。震災前は寄せては返さない、片寄せの浜として海水浴客やサーファーで賑わっていました。現在は地域住民の願いを叶えるべく砂浜再生中です。弓なりに見える海岸線の奥側はお隣山田町(やまだまち)と繋がる四十八坂海岸(しじゅうはっさかかいがん)で、手前の浪板海岸とあわせ全てが特別地域になっています。

【野島/のじま】

浪板海岸の南、井上ひさし著「吉里吉里人」の舞台なのではと想像するにたやすい吉里吉里(きりきり)と言う地域から赤浜(あかばま)へ繋ぐ半島周回ドライブウェイ、リアスシーニックライン上にある崎山展望台から北東眼下に見えるのがこの野島です。一望できる湾が船越湾、一体が花崗岩の海岸です。花崗岩特有の白い岩肌に青々としたマツ、青い海のコントラストが映えます。野島を含む半島の海岸線全体が特別地域となっています。

【筋山/すじやま】

リアスシーニックラインの南側に筋山展望台があります。この展望台を含めた太平洋とリアスの景色は一見の価値ありです。まるで額縁に納めた絵画のようにリアス海岸が切り取れるのです。自分だけのアングルを探してみてください。筋山園地駐車場から海側に下りたところにひっそりと佇む展望台、駐車場からは展望台が見えませんのであれ?と思うかもしれませんが、案内看板を見つけて是非立ち寄ってください。南に見える釜石方面の半島の入り組み具合に視線が釘付けです。

【蓬莱島/ほうらいじま】

出ました、蓬莱島です。冒頭に話題にした動画をご覧になった方ならおわかりですね。

大槌町の象徴的存在、大槌湾にぽっかりと浮かぶひょうたん型の島です。島のお社には豊漁と航海の安全を祈願して弁財天がまつられています。灯台の根元にはちょっと珍しい青銅のオットセイ像がありますが、戦後オットセイの資源調査のため犠牲になったオットセイの供養塔であると聞きました。蓬莱島の灯台は震災後再建されたものですが、このデザインは町民から公募し、復興のシンボルとしてここに新たに建てられました。この桟橋から東側に見える海と海岸線全てが特別地域となっています。

三陸復興国立公園ではあまり知られていないエリアかもしれませんが、豊かな自然と人の歴史・文化・営みがコンパクトにたっぷり楽しめるのが大槌町です。歴史をたどればもっとおもしろいご紹介したいことがあるのですが、長くなるのでご興味ある方は調べてみてくださいね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ