ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年1月

13件の記事があります。

2022年01月31日十和田八幡平国立公園写真展開催中です

十和田八幡平国立公園 盛岡 工藤紀恵

皆様こんにちは。盛岡管理官事務所の工藤です。

本日は十和田八幡平国立公園写真展のお知らせです。盛岡管理官事務所管内では現在2カ所で写真展を実施しています。

【イオンモール盛岡(前潟)2階中央吹き抜けガラス】1月12日~1月31日

 

【岩手県雫石町中央公民館 ふれあい広場】1月28日~2月10日 

 

国立公園で活動している環境省アクティブ・レンジャーが、日頃の業務を通じて撮影した写真を展示するものです。四季折々の美しい風景やたくましく生きる生きものなど、東北各地に存在する自然の素晴らしさを多くの方に知っていただき、自然環境への関心と理解を深めることを目的としています。

全20点、本公園の様々な表情が見られます。盛岡管理官事務所からは4点、大焼砂から見た男岳、岩手山お鉢、雨氷のアオモリトドマツ、イヌセンボンタケを展示しています。

どんな写真なのか是非会場でご覧頂ければと思います。

※3月に予定されていた八幡平市結の広場での写真展は会場の都合により中止となりました。

また雫石町中央公民館では1月29日~2月10日まで町内小学校の生徒さんの冬休みの自由研究が発表されます。

今日は準備作業が行われていましたが、一足お先にちょっぴりのぞかせていただきました。

クマはなぜ冬眠するのか、猫の感情表現方法の研究、ダーツはどのように誕生したのかなど力作揃いでした。おつまみ昆布が好きで10種類のおつまみ昆布について調べた生徒さんもいて、私の晩酌の参考にもなりました。生徒さんの感性に乾杯です。ルネッサーンス。

 

写真展ではアンケートを実施しております。今年はQRコードを読み取ってアンケートに答えるとシークレット画像がダウンロードできますので、是非皆様のご意見をお聞かせ下さい。

国立公園でお会いしましょう

ページ先頭へ↑

2022年01月28日新しい駅舎でお迎え

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

国指定伊豆沼鳥獣保護区内にあるJR東北本線新田駅が最古の駅から最新の駅に昨年12月26日生まれ変わりました。

新しい新田駅は、羽ばたく渡り鳥をイメージしたものだそうです。地域の皆さんの足を支えつつ、遠くから訪れる冬の渡り鳥観察の皆さんをこれからお迎えすることになります。

 

 

これまでに電車で渡り鳥観察に幾度か利用した旧駅舎には愛着がありましたが、近いうちに新しい駅舎から観察に出かけてみようかと思います。

 

127年の歴史ある旧駅舎についての日記はこちらから

http://tohoku.env.go.jp/blog/2021/03/23

 皆さまも新しい駅舎から伊豆沼の渡り鳥観察の思い出を作ってみませんか。

国指定伊豆沼鳥獣保護区周辺では、北帰行の準備で体力をつけるために、マガンの家族が田んぼや畔の雑草をせっせと食事している様子が観察できます。

 

ページ先頭へ↑

2022年01月28日レンジャクの訪れと十和田ビジターセンター臨時閉館(2/28まで)のおしらせ

十和田八幡平国立公園 村田 野人

 こんにちは、十和田八幡平国立公園管理事務所の村田です。2つおしらせです。

 まずは、今年もヒレンジャクとキレンジャクが休屋に来ました。先週は小さな群れだったのですが、今日は100羽弱くらいの群れになっていました。ちりりりり、ちりりり、と鳴き交わしながらこずえからこずえへと飛び回って、ヤドリギのみを食べています。私が着任してからは、毎年確認しています。

キレンジャク<ナナカマドの木にとまるキレンジャク(休屋撮影)>

 休屋のヤドリギが食べ尽くされたくらいが写真の撮り頃かとおもいます。レンジャクたちがしぶしぶナナカマドの実を食べるために低い枝にとまっているかもしれません。写真家のみなさまは、レンジャクの食事に配慮して撮影して下さいね。

 2つ目は残念ながら新型コロナウィルスの感染拡大をうけて、十和田ビジターセンターは2月末まで臨時休館となりました。開催中の「十和田湖ふしぎな雪と氷の世界展」が延長になるかどうかはおってお知らせします。

ページ先頭へ↑

2022年01月28日久しぶりに青空が

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 村上英夫

裏磐梯は昨年末から冬の厳しい天候のため、雪に押し込められる日々が続きました。

しかし1月25日の火曜日は、ついに朝から青空が広がりました。

除雪機とスコップに触れることなく朝から仕事を始めることができたのは、1月になってからおそらく初めて!

しばらくフィールドへは出ることができなかったので、このチャンスを逃がさず、五色沼探勝路へ向かいました。

まず基点の裏磐梯ビジターセンターから毘沙門沼へ。

雪と氷に覆われた沼の向こうに磐梯山が、青空の中に白く輝いていました。

雪に埋もれかけた弁天沼の展望台に上がると、たおやかな白のラインを描く西吾妻の姿が望めます。

探勝路の積雪は1メートルほど。

気温が低いので雪はサラサラ。

降雪によってハイカーの踏み跡がリセットされると、ルートファインディングが難しい場所もあるのですが、この日は探勝路全体に明確なトレースができていました。

周辺にはいろいろな動物たちのたくさんの足跡が。

木々の梢でさえずる鳥たちや、沼をゆらゆらと進むカモの姿も。

弁天沼の先には、るり沼があります。

ここに設置された展望台も、磐梯山のきれいな眺望を楽しむことができる絶好のスポットとして人気があります。

1時間半の巡視中に、6組のハイカーの方々とすれ違い、挨拶を交わしました。

三脚を据えて望遠レンズで写真を撮影している方も。

自分が生まれ育った福島に、雪と氷に覆われた美しい景色を楽しめる場所が身近にあることを再発見した嬉しい朝でした。

ページ先頭へ↑

2022年01月27日十和田湖トレイル(仮称)の現地調査

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

以前より十和田八幡平国立公園管理事務所と合同で十和田湖トレイル(仮称)の調査を行っております。

秋晴れの中の現地調査。

ツンツンする太刀川レンジャー。

クンクンする櫻庭レンジャー。

史跡を調べる太刀川レンジャーとノビAR。

ルート上にある南部町・諏訪ノ平駅の横にはツリーハウスのような建物がありました!

やはりツンツンする太刀川レンジャー。

↑↑これらは実際に歩いて現地調査した際の一コマです。

十和田湖トレイル(仮称)については詳しくは

十和田八幡平国立公園管理事務所、伊藤あけみARの日記を御覧いただければと思います!

https://tohoku.env.go.jp/blog/2021/11/post_795.html

今回はルート上に設置する標識の位置確認調査へ行ってきました。

ルートは何度か歩いて現地調査をしている場所ですが、

やはり行き慣れていない場所は、日頃見る風景とは違うので行くとソワソワ&ワクワクします!

地域ならではの商品を置く自販機について最近は多く聞きますが、

こちらには黒ニンニクの自販機がありました!

標識設置個所の調査中。夕方には雪と強風が・・・。

東京都生まれ育ちの太刀川レンジャーの写真と違い、モノクロと昭和感が一気に出ております。

トレイルが作りあがるにはまだまだ時間がかかりますが、

ルート設定、土地確認等、関係する自治体・DMOさんたちや地元の方々と

コツコツ進めていきたいと思っております!

ページ先頭へ↑

2022年01月26日糞便採取調査を行いました

仙台 鎌田 和子

こんにちは、仙台自然保護官事務所の鎌田です。

国指定伊豆沼鳥獣保護区では、高病原性鳥インフルエンザ対応のため、野鳥のサーベイランスの実施をしています。

死亡野鳥等調査では、対応レベルに沿って検査を実施、鳥類生息状況等調査では、野鳥の生息状況や異常の有無について情報収集しています。3つ目の調査が糞便採取調査です。野鳥がウイルスを国外から持ち込む場合の早期発見を目的として実施しています。毎年各地域の渡り鳥の飛来初期にあたる時期(10月~12月)に1回以上実施しています。11月、12月、今季3回目の糞便調査を伊豆沼・内沼で行いました。その時の様子を紹介します。

 写真のように、オナガガモやオオハクチョウがエサを求めて集まる内沼のほとりで、伊藤企画官と私が行ったり来たりしながら、新鮮な水鳥の糞を採取しています。周りでは、観光で訪れている皆さんにとっては、何をしているのかなと興味津々だと思います。

この日は、気温6度、風もなく穏やかな日、約700羽のオナガガモが周辺にうろうろしているので、簡単に糞便採取調査が終わるかと思っていました。しかし、甘かった。二人で採取する数は100個体分です。今シーズンは12月も大変だったことを思い出しました。なぜだろう、野鳥たちは確かに糞をしているのですが、沼の中でしているのと、砂浜でもしているのですが、カモたちも自らの糞を踏んでいるし、人間も踏んでしまっているのです。1時間半かけてこの日は、内沼と伊豆沼の2箇所で漸く100個体分を採取することができました。

12月分までの伊豆沼の調査では陰性の結果でしたので、今回も大丈夫なことを願うばかりです。

 

 

問題がみえてきました。観光で訪れた皆さんの靴底に糞が付着してどこかに分散しているかもしれないのです。「エサを与えて、今日は楽しかったね。」で終わらせる前に、手指の消毒はしているかもしれませんが、足元は大丈夫ですか?新型コロナのこともあり、消毒については、皆さん理解していると思います。ぜひ、足元の消毒も忘れないでください。

東北のAR日記をご覧の皆様、同じ東北でも、雪で真っ白な場所もありますが、冬の渡り鳥が越冬するここ宮城県北部に位置する国指定伊豆沼鳥獣保護区では、確かに沼が凍ることもありますが全てが結氷しない、周辺の水田の積雪も少なく、越冬には適していいる場所なのです。

 

昨年1月の日記はこんな様子でした。

http://tohoku.env.go.jp/blog/2021/01/6

ページ先頭へ↑

2022年01月26日しぶき氷、蓮葉氷、アニマルトラッキング、冬芽、野鳥観察

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

雪の季節は楽しみでもありますが、時には脅威となって我々を脅かします。

それでもやはり、雪の季節はわくわくしますね。

厳冬期の十和田湖畔は、厳しくも美しく、キリリとした空気に包まれています。此処では、生きている実感、生かされている感謝が心からわき上がってきます。

風と水が織りなす風景、しぶき氷が出来はじめています。

手前の凍った部分が波に砕かれて蓮葉氷(はすばごおり)になります。

暖かい日は、何事もなかったように消えてしまうこともあります。

写真は同じ場所の移り変わりです。

前回ご紹介した、通称「乙女の像」と岩手との関わりを更に紹介します。

前回の日記で、カメラを構えた私が台座に写っているのを発見できた方はいらっしゃるでしょうか?

(前回の日記)http://c-tohoku.env.go.jp/blog/2022/01/post_838.html

二人の乙女をしっかり支えている台座の素材は、折壁石という折壁花崗閃緑岩でできています。

(折壁は岩手県一関市室根町にある地名)

閃緑岩は地球の古い地質から出てくるもので、北上山地、北上山脈の南の尽き果てる所で地表に現れたのではと推測されています。東京の有名デパートの床や壁、国会議事堂にも使われていて、現在は採り尽くしてしまいほとんどないそうです。

高村光太郎が岩手県の山荘にこもっているということで、設計者が配慮したのではとも考えられています。

「乙女の像」に至る歩道は深い雪に覆われ、除雪がされていない箇所は歩くのが困難となっています。

しっかり装備をすれば、楽しみも倍増です。

外輪山に日が沈み始めます。

ふかふかの雪に、ずっとこのまま抱かれていたい気分です。

夕暮れ時に十和田湖湖畔の冬を満喫する二人

訪れる人の少ない湖畔は、動物達が生き生きと活動している様子が見てとれます。

テンかイタチが、湖畔で何か餌を探して彷徨っているのでしょうか?

大きい足跡は私の足跡です。

湖畔では、花咲く日のためにしっかり準備をしている冬芽の様子は、とても愛おしいです。

寒さを耐えて耐えて咲くからこそ、咲いたときの喜びはひとしおです。

マンサクの花芽の観察を始める時期となりました。

まだまだ固く蕾を閉ざしています。2022/1/4

イガイガしたものはマンサクメイガフシアブラムシによる虫こぶです。

※虫こぶ:虫癭(ちゅうえい)とも言われ、昆虫や細菌によって新芽や花芽、葉芽などが異状に成長したもの。

まだ小さなハリギリが地面から顔を出しています。若芽は山菜に、成長するとトゲが無くなります。

美味しいお茶にもなるクロモジはとんがった葉芽とまん丸い花芽が愛らしい。

力強く万歳しているようなヤドリギの赤ちゃん。

春咲く花々は、暖かい雪の布団の下で、すやすやと眠っているのでしょう。

木々の葉っぱが落ちてしまった今の時期は、野鳥観察もお勧めです。

毒が無くなった事をどうやって判断するのか、ヒヨドリがナナカマドの実を啄んでいます。

楽しみいっぱいの冬の十和田湖の様子を随時お届けしたいと思います。

ページ先頭へ↑

2022年01月19日霊験あらたか十和田神社

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

みなさんは、1月18日、2022年最初の満月を見る事ができたでしょうか?

風雪の中で待っていると、一瞬だけ顔を見せてくれました。

〈17日深夜〉

〈18日早朝〉

〈外輪山に沈む睦月の満月〉

〈はるか白きたおやかなる櫛ヶ峰〉

〈樹氷原ができています〉

まだまだ続くコロナ禍の中、思うように初詣などに行けない方もいらっしゃることと思います。

そこでパワー溢れる新年の十和田神社の様子をお知らせします。

私は、毎月1日と15日に欠かさず十和田神社に参拝し日頃の感謝を伝えます。

年末は晦日参りもしました。新たな年の1日は氏神様に一番に詣で、2日に信仰する神社と十和田神社にお詣りすることを数年続けています。

十和田神社は青龍大権現を、明治の神仏分離以降は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)もお祀りしています。

早朝の空気が澄んでいる時間が、一番美しくパワーがありますので是非早い時間がお勧めです。

はらはら雪が舞って幻想的な山門と窓木のご神木

愛らしい狛犬のお出迎え

手洗い場の龍神様は氷を吹いています

目隠しされてもみんなお見通し?