ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年11月24日

1件の記事があります。

2021年11月24日自然歩道調査②

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

一夜(ひとよ)にて 真白き羽衣 まとう峰

龍住む湖(うみ)に 長き冬の音(ね)

降りしきる雪の通勤路で、歌の文句を考えながら走っていると、倒木による通行止めでした。

少し遠回りの道路に迂回したら、そちらも通行止め、解除を待つしかありません。

通行止め解除を待ち、2時間遅れでの出勤となりました。

 

倒木の処理は終了して通行止めが解除された後も、坂を登れないトラックが牽引されて走っているので、

時速5キロほどで進みます。発荷峠にぬけると湖は一面の銀世界でした。

さて、秋も深まってきた11月15、16日、先日お伝えした八戸から十和田湖に繋がる

歩道調査に行ってきました。

15日は、十和田湖畔宇樽部から十和田神社までの道と、五戸から十和田市までの半分の行程です。 

(前半は以前の日記をご覧ください)

五戸から十和田市までの道のり:<http://c-tohoku.env.go.jp/blog/2021/11/post_795.html

16日は奥入瀬渓流、焼山から子の口までの14キロの行程です。

今回は15日の行程のご紹介をします。

八戸から始まる自然歩道は、途中の町並、街道、田園風景や八甲田の山並などを眺めながら進み、

奥入瀬渓流を経て、十和田湖にたどり着き、十和田山に登り十和田湖を眺め(この様子は下記のURL)

再び外輪山に登り十和田湖を眺め、十和田神社に繋がっています。

十和田山の調査の様子:<http://c-tohoku.env.go.jp/blog/2021/05/post_667.html

15日の調査は、この自然歩道のフィナーレに相応しい風景が待っているでしょうか?

 

十和田湖畔宇樽部からスタートです。櫛ヶ峰は白く覆われ初めています。

葉っぱがすっかり落ちて青い空が良く見えます。