ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年8月 9日

2件の記事があります。

2019年08月09日遺産センター企画展、はじめました。

白神山地 佐々木 春佳

みなさん、こんにちは。

夏本番で津軽特有の暑さに連日見舞われていますが、皆さんのお住まいの地域はいかがですか?

白神周辺は、カンカン照りでまとまった雨もないため、周辺のダムでも渇水状態が続いています。冬からの積雪も少なく、雪解けも早かった白神はすっかりカラカラ状態です。

さて、ただいま白神山地世界遺産センター西目屋館(以下、遺産センター)の活動を紹介する企画展を、お隣の「白神山地ビジターセンター」で開催中ですので、ご案内いたします。

企画展概要ポスター、植物標本、調査風景、動物写真

[概要ポスター]

①植物標本展示

遺産センターでは白神山地に関する資料や論文の収集・管理をしています。今回は、当館に寄贈いただいた希少な植物標本を、実際の花の写真と共に展示しています。

植物標本と植物生体写真[寄贈いただいた写真と標本(レプリカ)]

②活動紹介(調査研究、普及啓発)

国立公園でもおなじみのカウンターを用いた入山者数調査や、市民などと協働で行っているブナ林モニタリング調査の紹介、ふれあい活動での出展ブースを再現したお魚つりコーナーがあります。

[ブナ林モニタリング調査紹介ブース]

③鳥獣紹介

中大型哺乳類相調査として自動撮影カメラで撮影された生きものを紹介しています。哺乳類のみならず、鳥類なども頻繁に撮影され、白神山地に生きる生きものの自然な姿をご覧いただけます。その種類の多さに皆さん驚かれるのではないでしょうか。

[本物の自動撮影カメラと、白神山地で撮影された動物たち。]

以上のように、調査研究や環境教育の活動を行っている遺産センターですが、いらっしゃったお客様から、「ここはビジターセンターですか?」「ここは何の施設ですか?」と言う質問を多く受けます。

白神山地ビジターセンターと遺産センターはお隣同士にも関わらず、ご存じない方も多い、謎の施設となっている当館。

どうぞこの機会に多くの皆さんに足を運んでいただき、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

ページ先頭へ↑

2019年08月09日アクティブ・レンジャー古館の今日この頃Vol.4/2019

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

みなさん、こんにちは。

先月、岩手県宮古市にある国指定鳥獣保護区の日出島(ひでしま)に上陸してきました。

この島は、環境省レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)で、絶滅危惧IA類(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定されているクロコシジロウミツバメの繁殖地です。

クロコシジロウミツバメの巣穴は以前に比べて減少しているため、繁殖しやすい環境づくりに取り組んでおり、今回は、一昨年と昨年設置した巣箱で実際に利用があるか確認します。

 

最寄りの漁港を出港して、いざ上陸。

※この島は上陸に許可が必要で、誰もが立入れる場所ではありません。

お分かりになりますでしょうか、この急傾斜。

岩場から水平にロープを伝い、さらにかなり角度のある斜面を、ロープを何本も持ち替えながらのぼります。

(※翌日から数日間筋肉痛になりました...)

 


島の足元には、同島で繁殖しているオオミズナギドリ(クロコシジロウミツバメより大きい鳥)の巣穴がたくさん。横穴を掘って生活するため、足を置くところを間違えると横穴に落ちてしまい、横穴をふさいでしまいます。なので、注意を払って歩かなければなりません。

ちなみに、調査にご協力いただいている研究所の方によると、この巣穴の密集具合は日本一だそうです。

 

さっそく巣箱を設置したところで利用状況の調査を行います。


確認の仕方は、巣箱を開けて目視での確認とCCDカメラで行います。

写真はCCDカメラを巣穴に入れているところ。

残念ながら私がCCDカメラを入れた巣箱での利用は確認できませんでした...ですが、別の巣箱でクロコシジロウミツバメらしきの親鳥の利用が確認できました!

私自身、初めての確認で大変嬉しく思いました。

 

そのほか、コシジロウミツバメの親鳥や雛も確認、さらに、昨年度クロコシジロウミツバメの営巣エリアを守るために設置した金網(ウミツバメが入れる大きさ)のエリアでは、巣箱を使わない自然巣が18巣(うち、クロコシジロウミツバメを含むウミツバメ類と考えられるものは14巣)確認できました。

【左:コシジロウミツバメの親鳥と卵、右:雛】

 

次回調査はクロコシジロウミツバメ雛の確認を目的として今年度実施予定なので調査後またご報告いたします。

 

ではまた、Vol.5で。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ