ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年6月 8日

1件の記事があります。

2018年06月08日太平湖湖水開きと森吉山野生鳥獣センターの開館

秋田 足利 直哉

秋田自然保護官事務所の足利です。

 6月1日は、秋田駒ヶ岳山開き、八幡平山開き、丁岳山開きなど秋田県内各地で山開き行事が行われました。森吉山鳥獣保護区にある太平湖でも湖水開きが行われ、森吉山野生鳥獣センターも今シーズンの開館を迎えました。

 太平湖湖水開きは、太平湖グリーンハウスで行政機関や地元団体など関係者約40名が参加して執り行われ、来訪者の安全祈願と遊覧船の安全運行を祈願する神事から始まり、続いて桟橋で関係者のテープカットによる遊覧船の出港式を行い、今シーズンの第1便が出港し、小又峡桟橋との渡船が始まりました。

<神事の様子>

  

<テープカットの様子>

 

 太平湖は昭和28年の森吉ダムの完成によって出来た人造湖です。遊覧船は太平湖に流れ落ちる滝などの見所を船長が解説しながら、小又峡の桟橋へと渡っていきます。なお乗船料は、往復で大人1400円、小人700円となっています。

 小又峡は、秋田県指定の名勝、天然記念物となっており、滝・甌穴・淵・瀬など水の流れが次々と変わり様々な表情を見せる峡谷です。遊覧船を下りるとそこから歩道が伸びており、散策を楽しむことが出来ます。

  

  

 続いて、森吉山野生鳥獣センターへと向かいました。森吉山野生鳥獣センターは今年で15シーズン目を迎えました。さすがにあちこちに傷みが出てきましたが、地道に点検や修繕を行いながら来館された方々に不都合など無く、満足していただけるよう努めています。今季の開館期間は6月1日から1031日までの予定です。

  

 開館期間中、自然観察会やクラフト作品づくりなど様々なイベントを企画しております。また開館期間を通じて、来館者に楽しんでいただくよう、工芸、手芸、絵画、写真など様々な作品展示も行っています。

 

<現在開催中の「流木art作品展」の様子>

  

 6月の自然観察会は、6月10日(日)に『野鳥観察会』(午前8時30分~午後3時)を開催します。昨日コースの安全確認と下見を行った際にはアカショウビンにも出会えました。6月30日(土)には『カエル観察会』(午後1時~午後5時)を開催予定です。この時期にはモリアオガエルの産卵シーンが見られるのではないかと期待しています。どちらも現在参加者募集中です。

 6月のクラフトは、6月24日(日)に『流木アートに挑戦!!』と題して、作品作りに取り組んでいる方を講師にお招きして、作品を作ります。参加には材料代として500円が必要です。また常時可能なプログラムとして「ストーンペイント」を実施しています。

 6月の展示は、吉田豊史「流木art作品展」と日本野鳥の会秋田県支部「あきたの野鳥写真展」を開催中です。吉田さんには24日のクラフト講師もお願いしており、日本野鳥の会秋田県支部には10日の野鳥観察会の講師をお願いしております。

   

 10日の野鳥観察会は、当日受付でも大歓迎です。様々な野鳥や昆虫、花に出会えます。

  

<渓谷のカワガラス>

  

 イベントの申込は、電話・FAX・Eメールでお願いします。

「NPO法人冒険の鍵クーン」

 電話0186-72-3168

 FAX050-7515-6163 

 Eメールcontact@ku-n.jp

  

  

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ