ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年2月

6件の記事があります。

2018年02月22日私たち白神探検隊

白神山地 佐々木 春佳

みなさんこんにちは。白神探検隊隊長の佐々木です。

白神探検隊とは、私たちと共に白神山地を探検している西目屋小学校の4年生5名のことです。実は、これまで、春と夏にも探検に行ってきたのですが、今回は冬の白神探検の様子をお伝えします。

これまでの探検を通して、生きものの探し方や双眼鏡の使い方が上達してきた隊員たち、今回は自ら生きものを見つけることもできました。

例えば、不自然に重なっているミズナラの枯れ葉を発見した隊員のひとり、そーっと重なりを開いていくと・・・

越冬中の細長い虫が何匹かでてきました。寒いと言わんばかりにうごめく虫を、何匹いるのか熱心に数える隊員たちの姿に思わず感心してしまいました。

周りに集まって葉っぱの中をのぞき込む隊員たち[葉っぱの中をのぞき込む隊員たち]

他にも、鳥の鳴き声が近づいてきた時は、目視で姿を確認、中には双眼鏡を使って観察することができた隊員もいました。ちなみにこの時に見た鳥は、下見の時に皆さんにもご紹介したコゲラでした。

コゲラのいるところを指さす隊員、双眼鏡をのぞく隊員[コゲラを指さす隊員と双眼鏡を覗く隊員]

スノーシューでの歩行にも慣れた隊員たち、じっくり生きものを見た後は斜面上にあるブナの巨木を目指して競争、雪の中を全力疾走しました。

未圧雪の山の中、ブナの巨木を探す隊員たち

[ブナの巨木を探す隊員たち]

今回は春と同じ探索ルートで、春と冬の白神山地の違いを見てきた隊員たち。ブナの巨木は春にツキノワグマの爪痕を見た木で、この辺りでは一番大きく、立派なブナです。探検時に目印になる木なのですが、今まで愛称がありませんでした。

そこで、この巨木に一番にたどり着いた隊員が愛称をつけることになりました。

斜面上のブナを目指して走る隊員たち[写真左奥に見えているブナの巨木]

命名者は悩んでいましたが他の隊員からの賛同もあり、最終的に「フォレストキング」に決まりました。きっと来年度の4年生もフォレストキングを目指して探検に来ることでしょう。

さて、探検はここで終わりです。

午後、児童たちは津軽ダムパークへ行きました。ここでは、白神山地を水源としている津軽ダムの説明を受け、ダムの機能や、ダムと生きものとの関わりを学びました。

津軽ダムパーク内で説明を受ける児童たち

たくさんの発見、学びのできた児童たち。お天気も良かったので、最後にそり滑りもしました。

まっさらな雪の斜面をそりを持って登る児童たち二人乗りソリに乗り、笑顔で滑ってくる女子児童2人

帰りのバスの中では熟睡するほど体力を使った児童たちと、私も楽しい時間を過ごすことができました。

3月、児童たちは一年間をかけて学んできた白神学習の集大成をまとめる予定です。どのようなものになるのか楽しみです。

ページ先頭へ↑

2018年02月20日月山ビジターセンターのお雛様

磐梯朝日国立公園 羽黒 澁谷 満紀

こんにちは。羽黒自然保護官事務所の澁谷です。

例年よりぐっと冷え込み積雪量も多いこの冬ですが、時折みせる晴れ間に少しずつ

春の気配を感じる今日この頃です。

雪深い月山ビジターセンターから、一足早く春の便りをお届けします。

受付で、お雛様がお迎えしてくれます。(私も飾るのをお手伝いしました。)

        

    【今日から展示開始の年代物のお雛様。3月25日(日)まで】     

写真ではよく見えないかもしれませんが、鶴岡に伝わる伝統のひな菓子も飾られています。

月山ビジターセンターの外は、こんな感じです。

毎日の除雪で屋根の高さを超える程の雪が、日に日に高く積み上げられています。

巨大かまくらが出来そうです。

     

この雪とお雛様を見にいらっしゃいませんか? 雪の月山ビジターセンターも、

とても楽しいですよ。24日(土)にはナイトスノーシューハイク(雪明りの中、

スノーシューで森の中をゆっくり歩いたり、にスカイランタンを飛ばす予定。

私も参加します。)もありますし、3月中旬まで毎週スノーシューイベントが開催

されます。

【参考】https://gassan.jp/oshirase/2018/01/02/5503/

    https://gassan.jp/event/

    https://gassan.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/01ecb03a0e959010f5bf568eb5871d11.pdf

    https://gassan.jp/oshirase/2018/01/17/5556/

    

    

ページ先頭へ↑

2018年02月15日神割崎から昇る朝日

三陸復興国立公園 石巻 大内 直人

こんにちは。

石巻自然保護官事務所の大内です。

毎日寒い日が続いていますが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。

今回は、神割崎から昇る朝日についてご紹介したいと思います。

石巻市と南三陸町の境にある神割岬は、リアス海岸の切り立つ崖の間を、太平洋の荒波が打ち寄せる迫力ある景勝地です。

この神割崎の崖の間から「朝日」が昇る瞬間を見るチャンスが1年に2回だけ有ります。

しかもそのうち1回がなんと2月ということで、限られた期間しか見ることのできない貴重な景色を見に

早朝の神割崎に行ってきました。

天気を心配していましたが、日頃の行いが良いのか当日は雲も少なく朝日を見るには絶好の天気でした。

氷点下の気温の中、カメラをスタンバイして待っていると辺りが少しずつ明るくなってきました。

神割崎                    夜明け前の神割崎周辺

そして待つこと30分神割崎の崖の間がどんどん明るくなりいよいよ朝日が姿を表しました。

神割崎2

                  徐々に明るくなっていく空

神割崎3                    姿を現した朝日

神割崎の崖の間から昇る「朝日」は、2月の中旬と10月の下旬の天気の良い早朝に見ることができます。

興味のある方はぜひ、早起きをして神割崎から昇る朝日をご覧になられてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年02月15日おもとミッケ!~トレイル周辺の魅力探し~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

みなさん、こんにちは。宮古自然保護官事務所の古館です。

2/12に岩泉町小本地区にて、地域の魅力探しを行うワークショップを開催しました。

小本地区のみちのく潮風トレイルルート周辺にどんな地域の魅力があるのか、実際に歩いて地図に起こしてみようと企画したもので、たくさんの地域の方々が参加してくださいました。

 

今回は散歩の達人であり絵地図師の高橋美江先生を講師としてお招きし、講演をスタート。

民俗学の言葉で「ハレ(行事ごとなどの非日常)」と「ケ(普段の生活である日常)」のうち、地域内で「ケ」を見つけることが、地域の魅力探しに繋がるとのこと。

魅力に気づくためには「柔軟な脳みそ」と「好奇心」が大切だと教わり、1つのものでもとらえ方によって見えるものがかわるトリックアートを使い、まずは脳を柔らかくするトレーニング。

 

その後、講師がまち歩きをしながら見つけた各地域の「ケ」の写真を見ながら、日常の中に転がっているものに興味をもつ「好奇心」を高めるお話しがあり、参加者の笑いと感嘆が絶えず会場内に響く楽しい講演でした。

 

好奇心を高めたあと、3チームに分かれて実際に地域内で魅力探しを開始。

私はみちのく潮風トレイル沿いを歩く「トレイルコース」に参加。トレイルマップにもルート付近の見どころが記載されていますが、それはいわば「ハレ」といわれる普段から光を当てている地域で有名なほんの一部分の場所。よく探してみると地域にたくさんの「ケ」が転がっていました。

 

まち歩きから帰ってきたら、自分たちのチームが見つけた魅力を載せた手書き地図作製にとりかかります。各チーム、たくさんの魅力を載せた素敵な地図ができました。

 

(左から...まちなかコース、トレイルコースの手書き地図)

(海コースの手書き地図発表の様子)

 

私自身歩いてみて、トレイルルートから一つ隣の道を歩いたり、いつも通る道でも見方が変わると興味深い発見があって、そこから地域の食文化やその土地ならではの日常が見えてくるのは面白かったです。

これを機に地域の「ケ」の部分に光が当たり、日常の中に転がっている魅力が輝くことを願うばかりです。

 

みなさんもみちのく潮風トレイルを歩くときは、寄り道をしてまちあるきを楽しみながらその地域ごとの文化や日常を見つけてみると、より楽しみが増えるかもしれませんよ。

ページ先頭へ↑

2018年02月13日スノーシューで雪原を歩こう

十和田八幡平国立公園 鹿角 齊藤 航来

こんにちは、鹿角管理官事務所の齊藤です。

2月11日(日)に、休暇村乳頭温泉郷主催の「スノーシューハイキング」が開催されました。

現地では当日の朝に30cmほど雪が降ったようで、駐車場では雪下ろしに励む人々の姿が多く見られました。

【スノーシューを履いていざ出発】

南八幡平地区パークボランティアの皆さんが案内人として先頭に立ち、ラッセルしつつ空吹湿原への林道を進みます。

ラッセルとは雪を踏み固めながら道を切り開いて進むことです。先頭で道を切り開く人はとても体力を使うため、交代で先頭を替えながら進んでいきます。

今回の参加者は22名で、例年より若い方が多く、中には「是非ラッセルをしたい」と意気込んでいた方もいました。

風はあまりありませんでしたが、雪はしんしんと降り続きます。そんな中でも、若い方達の楽しげな声が聞こえてくると不思議と周りの参加者も笑顔になっていました。

【倒れ込んで人型を作る】

新雪に埋もれてしまったのか、動物の足跡は見つかりませんでした。

ですが、開けたところで倒れ込んで人型を作ってみたり、スノーシューの足跡で絵を描いたりして、たくさんの「雪」を楽しんでいました。

行程も終盤、「そろそろ終わっちゃうのか」なんて声が聞こえてくる中、最後の見どころ(遊びどころ)にさしかかります。急な斜面を利用した天然の滑り台です。

フワフワの新雪に阻まれて中腹あたりで止まってしまった方も多かったですが、最後まで勢いよく滑りきった人が出たときには歓声が上がりました。

【スキーやスノーボードとはひと味違う?】

出発地点である休暇村に戻ってきたとき、参加者の顔に疲れよりも満足感が溢れているように見え、とても嬉しく思いました。

最近の気候を見る限り、まだまだ春は遠いようです。初心者でも楽しむことが出来るスノーシューで冬の南八幡平地域を堪能してはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2018年02月06日十和田湖冬物語が始まりました

十和田八幡平国立公園 伊藤 あけみ

 立春が過ぎた週の初め、十和田湖畔は湿った雪がたくさん降りました。

 湖畔の雪は、時にはふわふわ優しく、時には横殴りの雪、そして地面から吹き上げる雪と、

 見ていて飽きません。

 連日の寒波で、十和田湖の湖岸が凍りつき、流氷のような氷の塊が浮かんでいました。

 そんな寒さ厳しい十和田湖畔ですが、冬のイベント「十和田湖冬物語」が2月2日に開幕しました。

http://www.towadako.or.jp

 今年で第20回目だそうです。

 真っ白な十和田湖の冬に、彩りと賑やかさがやってきました。

メインゲート                私達が作ったイヌワシのワッシー君