ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年2月

9件の記事があります。

2017年02月27日冬のオススメはスノーシュー!!

十和田八幡平国立公園 盛岡 工藤紀恵

 こんにちは。盛岡自然保護官事務所の工藤です。

寒い日が続いていますね。事務所のある岩手県盛岡市は降雪量はさほど多くないのですが、気温が低く寒い地域です。近頃では最高気温が3度あれば暖かいな、と思うようになりました。

 

 皆さんはスノーシューをご存じですか?スノーシューは西洋風かんじきと言われており、深い雪の上を歩く際に靴に装着して使う道具です。近年このスノーシューを使ったスノーハイクが大人気です。雪山はちょっとハードルが高いけど、冬の森をゆっくりと散策したいと言う方にぴったりの道具です。

深雪に包まれた森を歩けば、寒さなんてなんのその、鼻水なんて気にしない!スキーやスノーボードとは違い、テクニックもいりません。是非この冬にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 網張ビジターセンターでは3月26日までの毎週土日月曜日に「網張の森雪上ハイキング」を開催しています。10時から1時間、ビジターセンタースタッフと一緒にスノーハイクが楽しめます。森の動物たちの足跡なども発見できるかもしれません。外は寒くてもビジターセンター内ではペレットストーブが皆さんを待っていますよ。冷えた身体をゆっくり温めて下さいね。

白銀の国立公園でお会いしましょう!

ページ先頭へ↑

2017年02月15日白神山地の大きい生き物

白神山地 野原七恵

西目屋自然保護官事務所の野原です。

またまた、センサーカメラの調査結果から白神山地に生息する生き物を紹介したいと思います。

前回は小動物を紹介したので、今回は調査対象でもある大型の動物を紹介します。

http://tohoku.env.go.jp/blog/2017/02/post_201.html

↑前回の日記

↑カモシカです

この写真を撮影した調査地点は、ニホンジカの侵入経路の監視のために設定した場所で、世界遺産地域よりも里に近い場所になります。

カモシカは国の特別天然記念物に指定されていますが、人里近くまで山から下りてくるので、けっこう身近な存在です。

カモシカはシカという名前がついていますが、鹿とは違い牛の仲間で、基本的には単独で縄張りを持って生活しているそうです。

この場所は何頭かのカモシカの縄張りの一部もしくは通り道のようで、同一個体と考えられるカモシカが頻繁に撮影されます。

↑ある6月の春の日の写真

基本的には単独で生活しているカモシカですが...

3連写で撮影している写真の内1枚を拡大して見ると...

子カモシカが!!

まだ産まれてからそんなに時間がたっていないのか、お母さんと比べると小さくて可愛いです!

↑7月

お母さんにくっついて歩いています。幼獣は、生後1年間は母親と生活するそうです。

↑9月

お母さんが近くにいますが、それぞれのんびりと食事中のようです。

ずいぶんと大きくなったような...?

↑同じく9月。2ヶ月で急成長!?

ぱっと見ただけではどっちが子どもか分からないくらい大きくなりました。

西目屋自然保護官事務所では、今年度は全部で32台の定点カメラを設置しており、誤作動の写真(葉っぱが風で揺れた動きに反応して撮影した写真など)も含めると、かなり膨大な数の写真を集計することになります。

一枚一枚確認して何の動物か同定する作業は、なかなかの大仕事です。

目が疲れる大変な作業ですが、ほのぼのした写真を見ながら親子の成長観察などをしていると、とても癒やされます。

結果として公表しているのは撮影した動物の数だけなので、こんな写真もいつもは私が1人で楽しんでいました。

↑オマケ...私が個人的に気に入っている子カモシカの写真

H25年に世界遺産地域に設置しているカメラで撮影されました。顔の周りだけ茶色いという個性がある子です。

上で紹介した親子は顔の周りが白くて体毛もふわふわした感じですね。

カメラ調査の写真を見ている限りでは、白神山地周辺のカモシカだけでも毛が短めの個体もいれば、毛の色も白かったり濃い灰色だったりと個性があるようです。

↑今、白神山地周辺では分布が拡大していて話題のニホンジカ

カモシカは白神山地の山を歩いているとたまに出会うこともあり、私にとってはいるのが当たり前の動物です。

しかし、基本的に縄張りをもたず(繁殖期のオス以外は)、群れで生活するニホンジカの分布拡大により、今後は生息地が脅かされる可能性も考えられます。

これからも西目屋自然保護官事務所では、ニホンジカが白神山地周辺にはどれくらい侵入してきているのか監視しつつ、カモシカも含め他の動物も見守っていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2017年02月13日白神山地の小さい生き物

白神山地 野原七恵

西目屋自然保護官事務所の野原です。

前回に引き続き、センサーカメラの調査結果の一部と白神山地に生息する生き物を紹介したいと思います。

http://tohoku.env.go.jp/blog/2017/01/post_193.html

(前回の日記も合わせてご覧ください)

このカメラ調査では主に白神山地に生息する中・大型哺乳類の種類を調べています。

(中型哺乳類といえば例えばタヌキやニホンザル、大型哺乳類といえばツキノワグマやカモシカなど)

目的としている中・大型哺乳類の他にも小さい動物が写ることもあるので、紹介したいと思います。

↑この写真の中に可愛い小型哺乳類が写っているのですが、どこか分かるでしょうか。

少し拡大してみました。

木の幹に注目!赤丸で示したところ、目が反射して光っているのが分かりますでしょうか。

何か生き物がくっついています。

同じ201610月の別の日の写真です。左下の方で木の幹から、何か飛び立ちました。

この動物の正体は.........

モモンガです!

↑の写真は同じ調査地点で、2015年に撮影しました。拡大すると、大きな目と長い尾がよく分かります。

この木では何回かモモンガが撮影されているため、カメラ調査の結果から「モモンガの巣穴がある」、もしくは「なわばりとしている」のかもしれないということが分かりました(あくまでも推測ですが)。

冬はアクセス道路が冬期閉鎖されてしまっているので、巣穴があるかどうか、確かめに行けないのが残念です!

モモンガは樹洞やキツツキの古巣などの木にあいた穴を巣として使って生活しています。

この調査地点ではキツツキの仲間のオオアカゲラも撮影されました。

ちなみに、モモンガがなぜ木の上で生活しているかというと捕食者を避けているからです。

同じ場所で、モモンガの天敵のテンもばっちり写っていました。

白神山地はブナ林が大規模に残っていて、そのブナ林の中で多様な生き物たちが関わり合いながら生息している「生態系」の豊かさが認められて世界自然遺産に登録されました。

まだ始めて4年しか経っていない調査ですが、撮れた写真からだけでも生き物同士の繋がりが見えてくるようでした。

ページ先頭へ↑

2017年02月10日北へ帰る準備

仙台 鎌田 和子

こんにちは!仙台自然保護官事務所の鎌田です。しばらく、日記投稿を控えておりました。

渡り鳥がやってきたと情報を流してから、間もなく高病原性鳥インフルエンザの流行となり、宮城県でもマガンから高病原性鳥インフルエンザのウィルスが検出され、巡視や検査に追われておりましたが、宮城県に出ておりました野鳥監視重点区域が2月4日をもって解除になりました。少し、ほっとしました。

秋田自然保護官事務所の足利さんから、厳しい冬の渡り鳥たちの様子が報じられましたので、こちらからは、北帰行を間近に控えたハクチョウやオオヒシクイの様子をお伝えいたします。

伊豆沼の一角に集まっているのは、オオハクチョウ、オオヒシクイです。例年より伊豆沼・内沼の水位が低くなっているためオオハクチョウは、沼に繁茂するハスのレンコン堀り、オオヒシクイは、名前の通り、ヒシ実を食べるのに集まってきています。

オオハクチョウは、逆立ちしてお尻をあげて、レンコンを食べています。時折、顔を上げると首から頭は泥だらけになっています。

ヒシの実は殻は固く両端に刺があるのですが、パクパククチバシを器用に使い刺を取り除いて食べているのを見ると、名前の由来の通りのしぐさでヒシクイだなと実感できます。私たちが大きな飴玉を口の中でコロコロするようにして食べている姿を観察することができます。

 

 

内沼のオオハクチョウは、食事を終えて、まったりと岸で休んでいます。

 

内沼のオオヒシクイの群れ、気持ち北の方向を眺め、北のにおいをかいでいるように見えます。いつになったら北帰行を始めようか、観天望気というところでしょうか。

 

宮城県北部に位置する伊豆沼・内沼、蕪栗沼・周辺水田、化女沼の3つの国指定鳥獣保護区の渡り鳥たちは、しっかり食事をして、元気に北に帰る準備をしています。

気の早い群れは、北に向かいだしているようです。間もなく、そして静かな沼に戻るのかと思うと寂しいところですが、今年の一番の願いは、「北帰行、みんなが無事に」、鳥インフルエンザで倒れることなく、家族とはぐれることなく、元気に故郷に帰ってほしいと願っています。

まだまだ、鳥インフルエンザは流行中です。油断せず、巡視してまいります。

ページ先頭へ↑

2017年02月10日滝と観測

白神山地 髙澤和大

 こんにちは。

 西目屋自然保護官事務所の髙澤です。

 

 西目屋自然保護官事務所が位置する西目屋村には、古くから作物の豊凶を占う神事が行われるなど、津軽地方のみならず広くその名を轟かせた乳穂ヶ滝(におがたき)という滝があります。

 

 上は2012年2月17日のAR日記から転載した乳穂ヶ滝の写真です。まるで神殿の巨大な柱のように、美しい柱状の氷瀑を作り出すことが特徴です。滝そのものについては2012年の当該記事において詳しく紹介されていますので、そちらも是非ご覧下さい。

 

 さて、今冬の乳穂ヶ滝はというと...

 

2017126日の様子。徐々に成長しているところです。

(写真右側が乳穂ヶ滝。左側はただの氷柱です。)

 

201727日の様子。残念ながら折れてしまっていました。

(ちなみに地元小学校への出前授業のために何度か足を運んでいます。)

 

 今後の気象条件によっては再び氷柱が成長し、立派な氷瀑となる可能性はあります。そのように氷柱が滝壺に達して一本の柱状になることが見どころというわけですが、必ずしも氷柱が毎年そこまで成長するわけではありません。近年に完全氷結した年は、西目屋村の広報誌によると2014年、2013年、2012年、その前は2008年ということです。

 

 ところで話が変わりますが、西目屋自然保護官事務所では自然保護官事務所としては珍しく、本格的な気象観測を行っています。気象観測は気象庁が行うものでは?と思われるかもしれませんが、必要に応じて他の行政機関などが独自に気象観測施設を備えること自体は珍しいことではありません。

 西目屋自然保護官事務所は白神山地の自然環境をモニタリングするため、3箇所の気象観測施設を設置しています。この内、乳穂ヶ滝にほど近い西目屋気象観測施設のデータを見てみます。

 

 上の図は2017年1月9日から2月8日までの1ヶ月間における日平均気温を、3日間で移動平均した値をプロットしたものです。寒暖のサイクルがよく分かると思います。1月26日まで順調に成長してきた氷柱は、その直後の暖気には耐えたものの、2月5日のピークに耐えきれずに崩落してしまったようです。

 

 次に、直近7年間の1月の月平均気温をプロットした図を見てみます。2013年の西目屋気象観測施設が欠測でしたので、参考として気象庁アメダスの弘前地点のデータを併せて載せてみました。完全氷結した2012~2014年は-3℃~-4℃の値ですが、2015年以降はやや高い値になっています。2011年は2014年と比べると低い値ですが、氷柱の成長には寒さだけでなく寒暖のタイミングが重要らしいので、寒い方が良いと一概に言うことはできません。

 各年の気温の推移を詳しく分析していけば深い考察が出来そうですが、私は氷柱の研究者ではありませんので、データ弄りはこの辺にしておきます。

 

西目屋気象観測施設と世界遺産センター西目屋館

 

 先ほども触れましたが、西目屋自然保護官事務所の重要なミッションの一つに白神山地の自然環境のモニタリングが挙げられます。世界自然遺産として登録された価値を将来にわたって保全していくため、自然環境の推移を見守り、変化があれば原因を追及し対策を講じることも我々の役割です。

 ひるがえって乳穂ヶ滝では、冒頭で紹介したように古くから作物の豊凶占いが行われ、かつてこの地を治めていた津軽藩も滝の氷結具合を観測に来ていたとされています。その目的は年貢の徴収や飢饉の予測などの治政のためであったと想像できますが、継続的な観測という行為自体は現代のモニタリングに通じるものを感じます。

 

 乳穂ヶ滝を眺めながら、目的や対象は違えども似たようなことをやっていた先人達に想いを馳せてみました。

 

 最後になりますが、乳穂ヶ滝の豊凶占いは現代も続いています。毎年2月第3日曜日の「乳穂ヶ滝氷祭」において、豊凶占いや火渡荒行が行われています。今年は2月19日になりますので、ご興味を持たれた方は是非訪れてみて下さい。

ページ先頭へ↑

2017年02月10日厳しい冬が続きますが・・

秋田 足利 直哉

 随分と久しぶりの投稿となってしまいました。秋田自然保護官事務所の足利です。

 先日、大潟草原鳥獣保護区で渡り鳥の飛来状況調査を実施したときの模様をお伝えいたします。

  

 仕事の準備を整えて、渡り鳥たちの塒が見渡せる位置に陣取ってスタンバイOK、となった時はまだ辺りは夜明け前の"蒼い世界"が広がっていました。その時、ガンやハクチョウ達はいうと・・

  

 こんな感じで、結氷した水路の氷の上で朝がくるのを待っているようでした。水路にはところどころ水面が現れていましたが、大部分は広く氷に覆われていて、ガン達はその氷と水面の境目で夜を明かしたようです。この日の天気は「曇り時々雪」でしたが、時々降る雪が吹雪になる事もありました。

 

 ここにいたのはヒシクイとオオハクチョウでしたが、吹雪になるとその姿が見えにくくなり、彼らも風雪に耐えるようにして、氷の上に丸まって行きます。吹雪が止むと立ち上がってストレッチしたり、水浴びをしたり羽繕いをしたりと、色々な行動を見せるのですが、曇りと吹雪が交互にやってきて、なかなか此処を飛び立てずにいました。すると・・・

 

 日の出時刻を過ぎましたが、このように風雪に耐え忍ぶ体勢になり、しばらくこの場所で過ごしていました。この日塒を飛び立ったのは、周囲がすっかり明るくなってからでした。

 ヒシクイやオオハクチョウ達は、塒を離れずじっと過ごしていましたが、そんな中私の周りを動き回る動物がいました。

 

 イタチです。水路沿いを忙しく走り回る中、時々ヒシクイやオオハクチョウ達の様子をうかがっていたので、まさか彼らを襲うつもりなのか?と思いましたが・・・

 

 しばらくすると何処からかカチコチに凍っているらしき獲物を咥えて走り去っていきました。状況からして今、襲ったのではなく、何処かに隠しておいた獲物を持ち出したようでしたが、真相はどうなのでしょうか。

  

 まだまだ厳しい冬が続いています。天気予報をみても春はまだ遠いかな・・と思ってしまいますが、そんな中でも野生動物たちは逞しく生きていました。

 2月12日(日)には、野鳥観察会を実施します。当日は、いつになく厳しい冬になっている大潟村やその周辺でたくましく生きる野生鳥獣達の姿をたくさん観察できるかと思うと、いまからとても楽しみです。

 

 

ページ先頭へ↑

2017年02月08日裏磐梯の冬景色

磐梯朝日国立公園 裏磐梯 畑中 亮輔

 裏磐梯自然保護官事務所の畑中です。今回は、PVの方々と五色沼周辺で2月12日に開催する自然ふれあいイベントの下見を行ってきましたので、その様子をお知らせします。

 当日はこの季節にしては珍しく、穏やかな散策日和でした。植物の越冬の様子、動物の足跡等、冬ならではの五色沼周辺の様子を把握することができました。この周辺を熟知しているPVの方々に色々と教えていただきながら、イベントの流れを想像することができた有意義な下見となりました。ご参加いただいたPVの皆様本当にありがとうございました。

※本イベントについては定員となったため、募集を締切らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上:下見の様子

右上:赤沼

左下:オニグルミの葉痕

   ヒツジの顔に見えませんか?

左下:リスが食べたと思われる松ぼっくり

   エビフライにそっくりでした 

  

 最後に、裏磐梯周辺の冬景色をお届けします。 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 写真左上は事務所付近にあるカラマツ林になります。右上は、毘沙門沼展望台からの眺めになります。左下は猪苗代湖で見られる「しぶき氷」になります。最後に右下はレンゲ沼から見た磐梯山になります。この他にも裏磐梯周辺には美しい冬景色がたくさんありますので、防寒対策等の準備をしっかりとして、お越しいただければと思います。

ページ先頭へ↑

2017年02月07日奥入瀬スノーランブリング!

十和田八幡平国立公園 大野 花南

AR日記 「奥入瀬スノーランブリング」

十和田自然保護官事務所の大野です。

十和田湖周辺では雪がちらちらと降り続いています。

積雪は現在1mほどです。

さて、2/6に「奥入瀬スノーランブリング体験会」に参加してきましたので、

その様子を少しご紹介いたします。

スノーランブリングは、冬の森をのんびり散策することで、

普段見逃してしまいがちな魅力を発見できるのが醍醐味です。

今回の行程は、バスで奥入瀬渓流の上流(子ノ口)から下流(焼山)へ移動し、

滝などのポイントでバスを降り、ガイドさんに案内・解説してもらいながら散策する、というものでした。

まずはスノーシューを履いて...

銚子大滝です

銚子大滝は幅20m、落差7mの滝です。

滝の半分は凍って、きれいな氷瀑になっています。

普段こんなに間近で見られないので、大迫力!!

これだけでかなりテンションが上がってしまいました。

ルーペをお借りして、コケの観察もしました。

奥入瀬渓流でのコケ観察がここ数年流行っていて、ルーペはマストアイテム!とのことです。

奥入瀬渓流へお越しの際は、ぜひ、ルーペで小さな世界を覗いてみてください。

こちらは、馬門岩にできる氷柱です。

この場所では水が流れているのが見えないのですが、

ほんの少しずつ流れ出ている一つ一つのしずくがあり、冬になると凍って、

この立派な氷柱を作っているということを教えていただきました。

すごい。

他にもいくつかの滝を巡り、石ヶ戸休憩所では、ガイドさんが用意してくれた

紅茶とパウンドケーキを頂きながら本日の振り返りをしました。

冬の奥入瀬渓流は車で通過するだけでしたが、こうして雪の上をゆったり歩いてみると

樹木や岩の様子、滝の迫力、色々な発見や感動に出会うことができました。

ガイドさんの解説では、奥入瀬渓流やこの地域、自然への"愛"が感じられ、

とても興味深く、勉強になった体験会でした。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

十和田湖では「十和田湖冬物語」が開催中(2/3~2/26)です。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

ページ先頭へ↑

2017年02月06日種差海岸インフォメーションセンターのグルメプログラム!

三陸復興国立公園 八戸 大友千夏

八戸自然保護官事務所の大友です。

種差海岸インフォメーションセンターでは冬も楽しめるアクティビティやグルメがあります。

2月は毎週、冬のグルメ体験プログラムが開催されます。

第一弾は「民宿の女将さんに学ぶ!地域の郷土料理」ということで参加してきました。

メニューは「鮫なます」と「煮こごり」、手焼きの南部せんべいが入った「せんべい汁」です。

材料をみんなで切ります。

せんべい汁のせんべいは手焼きし、ちぎってせんべい汁に入れます。

地元にいてもなかなか作る・食べる事がない郷土料理を、

地元の女将さんから教えて頂き、美味しく食べる事が出来ました。

今月は他にも2月12日(日)「冬のアウトドアクッキング」があり、

こちらは定員満のため募集は終了していますが、

2月18日(土)「階上早生そばを使ったガレット作り」と、

2月25日(土)「鮫のお母さんに学ぶ!漁師町の郷土料理」はまだ申込み可能です。

楽しく、美味しく楽しめる冬の種差海岸を訪れてみませんか♪

http://tanesashi.info/

詳しくはこちら↑↑

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ