ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [東北地区]

東北地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月

8件の記事があります。

2016年12月26日届けたい風景~10月-12月編~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

活動を通して出会った風景をシリーズでお届けしてきましたが、今回で最後となりました。

第1弾..." http://tohoku.env.go.jp/blog/2016/12/post_191.html"

第2弾..." http://tohoku.env.go.jp/blog/2016/12/-_1.html"

今回は10月~12月に撮影した写真を紹介いたします。さっそくまいりましょう!

 

  1. 蛸の浜の紅葉(11月中旬撮影)

まずは、浄土ヶ浜の風景をお届けします。

そして今回ご紹介する蛸の浜はこちら!

浄土ヶ浜の北西に位置し、岩に大きく空いた海食洞と灰色の岩肌が特徴的な浜です。隣同士の浜ですが、浄土ヶ浜の白い岩肌とは対照的で初めて訪れる方は驚かれるようです。

紅葉の時期を迎えると、朱色に色づいた広葉樹が蛸の浜でも目立ち始めます。晴天にも恵まれ、シャッターチャンスを逃すまい!とカメラを構えたとある秋の日のことでした。

 

    1. 栃内浜(とちないはま)(12月上旬撮影)

    2. みちのく潮風トレイルの宮古市田老地区ルートを歩く機会があったときに撮影した写真です。

      栃内浜は、護岸などの人工物が全くない自然のままの浜として、国立公園の中でも最も厳しい規制で守られています。

      浜辺に腰をおろして小休止。砂利浜に打ち寄せる波音が心地よくて、いつまでも耳を傾けていたくなりました。

      みちのく潮風トレイルマップ【宮古市北部~宮古市中部】でも紹介しているので、宮古市区間を歩く際にはぜひ抑えていただきたいポイントの1つです。

       

      3.竜神崎(りゅうじんざき)展望所からの夕景(12月中旬撮影)

    1. 宮古市に強風警報が発令された翌日、浄土ヶ浜園地内の竜神崎展望所へ巡視に行きました。強風により吹きだまりに溜まった膝丈まである落ち葉をかき分け進んだ先に見えた景色です。海も山も穏やかで、前日の強風が嘘だったかのような静けさ。雲ひとつなく、月の明かりと山々のシルエットがくっきりと浮かんでいました。

    2.  

  1. また、こちらは12月の別日に撮影した写真です。

    今の時期は太陽が沈む方向がちょうど竜神崎展望所の真正面で、晴れの日は山に沈む太陽を見られます。この風景は私のお気に入りの風景の1つでもあります。晩秋~春先にかけて浄土ヶ浜に訪れた際には、ぜひ竜神崎展望所の夕景もご覧になってみてください。

     

     

     

    今回まで3回に分けてお届けしてきた【届けたい風景】いかがでしたでしょうか。

    日記をご覧になってくださったみなさんが、国立公園を訪れるきっかけになれば嬉しいかぎりです。

    また、訪れた際には自分だけの【お気に入りの場所】を見つけて国立公園Fanになっていただければ幸いです。

     

    では、みなさんよいお年をお迎えください。

ページ先頭へ↑

2016年12月26日届けたい風景~7月-9月編~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

前回に引き続き、活動を通して出会った風景をご紹介いたします。

第1弾の【届けたい風景~4月-6月編~】はこちらから↓

http://tohoku.env.go.jp/blog/2016/12/post_191.html

 

第2弾は7月~9月に撮影した写真を紹介いたします。では、さっそくまいりましょう!

 

1.荒神(あらがみ)海水浴場の夏(8月上旬撮影)

公園名が【陸中海岸国立公園】のままの看板表示を【三陸復興国立公園】に修正するため、パークボランティアの方々と山田町の船越半島にある荒神海水浴場へ。この日は気温が上がり、汗だくになりながら作業を行いました。砂浜を裸足で駆け、この透きとおった海へ飛び込みたい気分ではありましたが、ぐっと押さえて次の作業場所へ向かったのでした...。

 

2.茂師(もし)海岸(8月下旬撮影)

みちのく潮風トレイルの岩泉町ルートを歩く機会があったときに撮影した写真です。

大きく潮が引くと茂師海岸の特徴的な風景である畳のような岩棚や岩礁が姿を現します。茂師海岸周辺は1億年以上前の地層が堆積しているというので驚きです。みちのく潮風トレイルマップ【岩泉町南部~宮古市北部】でも紹介しているので、岩泉町区間を歩く際にはぜひ抑えていただきたい眺望ポイントの1つです。

 

3.霞露ヶ岳(かろがたけ)のブナ林と壮大な海食崖(9月下旬撮影)

 

こちらも初めに紹介した荒神海水浴場同様、看板表示を修正するため霞露ヶ岳山頂へ。霞露ヶ岳がある船越半島は、太平洋に面した東側にブナの自生が見られます。大きいものだと大人が片腕を広げたほどの太さのブナも少なくありません。【やませ】がブナの育ちやすい寒冷で湿潤な気候を生み、地形の厳しさが開発を拒む一因になって森が保全されてきたものと考えられます。

また、霞露ヶ岳へと続く自然歩道からは太平洋に面した壮大な海食崖を見ることができます。上の写真撮影場所のすぐ左下は、【赤平金剛(あかひらこんごう)】と呼ばれる高さが300mにも達する崖になっています。写真に写っている崖には無数の海食洞群など三陸の海が造りだした外洋ならではの景観が見られます。三陸海岸の豊かな自然と景観美が詰まった広大な船越半島を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

第3弾(10月~12月編)に続く...

 

ページ先頭へ↑

2016年12月20日届けたい風景~4月-6月編~

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

早いもので今年も残り10日。アクティブ・レンジャー日記を通して活動の様子を紹介してまいりましたが、美しい風景を紹介しきれず年の瀬を迎えてしまいました...。

そこで、今年4月~12月までに活動を通して出会った風景を【届けたい風景】と題して3回に分けてご紹介します。第1回目の今回は4月~6月に撮影した写真です。さっそくまいりましょう!

 

1.臼木山(うすきやま)の春の訪れ(4月中旬撮影)

 

浄土ヶ浜ビジターセンターが行った自然観察会イベントで、パークボランティアの方々と観察会のサポートを行った際に撮影したものです。

浄土ヶ浜から歩いて15分ほどのところに桜の名所として知られる標高86mの【臼木山】があり、桜のほかにカタクリの群落を楽しむなど、春真っ盛りの臼木山をみなさんと一緒に散策しました。春に浄土ヶ浜を訪れる機会がありましたらぜひ臼木山へも足を運んでみてください。

 

2.陸中の情景~松月浜(まっつきはま)~(6月上旬撮影)

みちのく潮風トレイルの迂回ルートの調査に行った際、お昼を食べようと訪れた松月浜。

訪れた時間帯がちょうど干潮で、普段は海に隠れている松月浜の南側にある岩礁や砂利浜が姿を現しており、とても美しくて目を奪われました(写真左)。右の写真は、松月浜全体を撮影したものです。松月浜がとても広く、美しい弧を描いているのがお分かりかと思います。

 

3.やませ日和(6月下旬撮影)

 

 

まずは、田野畑村にある北山崎の普段の風景。それが【やませ】という海から吹く冷たい風に包まれると...

 

雲海のような幻想的な雰囲気に!左の写真を撮影して10分後には右の写真のように全体がやませに包まれました。この写真を撮影した北山崎第1展望所もやませに包まれると何も見えなくなってしまいますが、やませが吹いてきて間もなければこのような雲海のように広がる光景を見ることができます。

 

 

こちらは、北山崎から直線で南に10kmほどの場所にある鵜の巣(うのす)断崖。

私が訪れた時は展望所周辺もやませでまっ白。右のような展望所からの風景を見ることはできませんでしたが、展望所周辺の自然歩道には松林に太陽の光が差し込み、とても神秘的な雰囲気に包まれました。

【やませ】は三陸復興国立公園の1つの魅力でもあるので、やませと海岸線が醸し出す美しい風景を訪れて感じてみてはいかがでしょう。

 

 

第2弾(7月~9月編)に続く...

 

ページ先頭へ↑

2016年12月13日冬だからこそ みちのく潮風トレイルへ!

三陸復興国立公園 宮古 古館 百合子

こんにちは、宮古自然保護官事務所の古館です。

 

12月の1ヶ月間、休暇村陸中宮古で開催している【東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展】の同会場にて、【みちのく潮風トレイル写真めぐり】と題して宮古周辺のみちのく潮風トレイル沿線で見られる風景や生きものをピックアップして紹介しています。

 

【写真展の様子】

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

【みちのく潮風トレイル写真めぐり】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の季節から春先にかけてのトレイルは、広葉樹の葉が落ち木々の間から岩礁や太平洋が望める場所が増えます。夏場は緑の葉に囲まれている道でも、冬は水平線や海岸線を見ながら歩けるので、"潮風トレイルらしさ"をより一層実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、普段は葉に隠れている野鳥も見つけやすい時期です。私、アクティブ・レンジャー3年目になりますが、初めてアオゲラを確認することができました!

 

【アオゲラ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩手県の沿岸部は、内陸部と比べるとあまり雪が降らない・積もりにくい地域のため、冬場でもトレイルの道は下記写真のような日が多く歩きやすいです。

 

【今の時期のトレイルの様子(1212日撮影)】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒さ対策を万全に、冬ならではのみちのく潮風トレイル、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ページ先頭へ↑

2016年12月13日ヒレンジャク

十和田八幡平国立公園 大野 花南

ここ2日ほど雪がしんしんと降り積もり、

今朝外に出ると私の膝下くらいまで積もっていました。

十和田湖周辺もいよいよ根雪になりそうです。

朝の雪かきを終え、事務所の中で一息ついていると、

「窓の外に何かいるよ」と教えてもらいました。

望遠鏡で見てみると...

ヒレンジャクが群れで木に止まっていました。

6070羽いたようです。

「ヒレンジャク」はスズメ目レンジャク科の鳥で、越冬のため日本にやってくる渡り鳥です。

目の回りのつり上がった隈取と、尻尾の先が緋色なのが特徴です。

(同じ仲間で、尻尾の先が黄色の「キレンジャク」もいます。)

ヒレンジャクはヤドリギの実が好物で、ヤドリギの種子散布に大きく貢献しています。

※ヤドリギはボール状に枝を伸ばし、他の樹木から栄養分をもらう寄生植物です。

ヤドリギの実を食べたヒレンジャクは、消化されなかった種と粘液を排出します。

この排出物が木の枝や幹にくっつき、やがてそこから発芽します。

十和田湖畔にある十和田ビジターセンターの窓からも鳥たちの様子を観察できますので、

近くにお越しの際はゆっくり眺めにお立ち寄りください。

(毎週水曜日は休館です。)

ページ先頭へ↑

2016年12月08日しぶき氷のいろいろ

十和田八幡平国立公園 阿保 聡

 先日、十和田湖畔を巡視していた際に目にとまった「しぶき氷」の写真を、何枚か撮ってみました。

 しぶき氷は、湖の水が強い風にあおられて枝や草に付着し、それが低い気温で凍ったものです。

 出来はじめの小さなしぶき氷です。湖面上に伸びた木の枝に出来ているのですが、これは十和田湖でよく見られるタイプのしぶき氷です。

 湖岸に生えている草もしぶき氷で覆われていました。

 単体で見ている分にはきれいで面白いのですが、これがずらっと並んでいる様子はちょっと気持ち悪かったです。

 休屋の御前ヶ浜近くのウッドデッキの下にも、つらら状にしぶき氷が出来ていました。

 そして子ノ口遊覧船乗り場のボラードにもしぶき氷です。

 十和田湖周辺では、まだ本格的に雪は積もっていませんが、すでに真冬のような寒さでした。

 冬の十和田湖では多くの渡り鳥や、しぶき氷のような他ではあまり見ることがない景色を楽しめますので、皆さんも暖かい格好で冬の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2016年12月01日「わたり鳥の日」イベント開催のお知らせ

仙台 鎌田 和子

こんにちは!仙台自然保護官事務所の鎌田です。

平成28年12月4日(日)に仙台市八木山動物公園ビジターセンターに於いて、「わたり鳥の日」と題してイベントを開催いたします。午前11時から午後2時までの短い時間ですが、八木山動物公園のシジュウカラガンのお話しや、宮城県北部のラムサール条約湿地の渡り鳥のこと、湿地のめぐみでクラフト体験などを企画しています。詳しくは、仙台市八木山動物公園のホームページでご確認いただけます。

12月4日には、ぜひ、仙台市八木山動物公園にお越しくださいませ。

 

  

 栗原市から、くりはらツーリズムネットワークの皆さんがヨシのコースター作りやしめ飾りのクラフト体験、数量限定になりますが、教えていただけます。

 また、12月2日から27日まで、東北アクティブレンジャー・アクティングレンジャー写真展を八木山動物公園ビジターセンター内で開催します。東北の国立公園や鳥獣保護区などの魅力を、アクティブレンジャー・アクティングレンジャーの写真で紹介します。こちらも是非ご覧ください。

 

 

 

 

ページ先頭へ↑

2016年12月01日平成28年度 東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展

十和田八幡平国立公園 鹿角 髙橋麻記子

こんにちは!鹿角自然保護官事務所の髙橋です。

休日にパークボランティアさんにお誘いされたワークショップでクリスマスリースを作りました。

室内でも自然を楽しめるのはいいものですね。

さて、「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」の

開催のお知らせと設置直後の様子をお伝えします。

【期間】  2016.12/1(木) - 2017.1/31()

【会場】  休暇村乳頭温泉郷

      秋田県仙北市田沢湖駒ヶ岳2-1

休暇村乳頭温泉郷のブログでも開催についてご紹介いただきました。

http://www.qkamura.or.jp/nyuto/news/detail.asp?nId=1207

ポスター.pdf

【設置の準備中からじっくりご覧いただきました】

「平成28年度東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャー写真展」は世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区など自然豊かなフィールドで活動する東北アクティブ・レンジャー、アクティング・レンジャーが日常の業務中に撮影したベストショット写真を展示します。5月に八幡平ビジターセンターで開催した時よりも会期が長く2ヶ月です。

各所管地やメンバー、活動の紹介もしてますので、ぜひお立ち寄りくださいね!

今後、よりよい写真展を開催するため、感想を備え付けのアンケートまでどうぞお聞かせください。

よろしくお願いします。

【喫茶コーナーなので、みなさんコーヒーなど召し上がりながら・・】

設置の準備中から、「この写真が一番好き!」「チングルマって何ですか?」「ここ行ったことある~!」「どの写真もすてきよ」と生のお声だけでなく、タブレットやスマホで、環境省のHPやこのブログを検索して頂きました。

限られた場所やパネル枚数での展示法を考えたりするのを「アートディレクション」と

言ったら大げさかもしれませんが、切り貼りといった地味な作業も多い中、全国への発信、

アピールの効果を実感できて、本当にうれしく思いました。

国道341号線の鹿角市八幡平トロコ(柳沢付近)~ 仙北市玉川ダム付近は11月30日で4月中旬まで

冬期通行止めとなりましたので、ご注意くださいね。

 

 

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ